2014年3月26日 (水)

『富士あたりばったり』

先日の事、朝からテニスをしていたら、

雲一つない晴天で、富士山が物凄く綺麗に見えたので、

『よっしゃ!富士山とラブライブカーの写真を撮りに行こう!』と、

テニスから帰ってすぐに峠に出かけたものの・・・

Img_4129_3

ちょっぴり間に合わず、富士山に雲がかかってしまいました~

富士山を綺麗に取りたいなら午前中、

出来れば9時前には撮りたいですね~。

っと言うわけで、翌日リベンジの為朝7時に家を出発。

この日も突き抜けるような晴天でした

サクッと写真撮ってサクッと帰宅する予定だったので、

まだ86に乗った事無い父を誘い、親子水入らず峠ドライブです

行きはパパが運転。

運転しながら86の説明をして、帰りは父の運転ってな寸法です。

サクッと峠を走り抜け、サクッと写真をパチリ

Img_4137_3_2

うん、今度は富士山も綺麗やね

ちなみに1日目とはレンズも替えてます。

1日目はパパお気に入りの

EF-S 17-55mm F2.8 IS USMで撮ったのですが、

実は数年前から17-55の絞りがぶっ壊れてまして・・・

現在F2.8解放でしか撮れないと言う状態なのです

なので、1日目の写真は、富士山がピンボケなんですね

ならばと言う事で、この日持ち出したのはEF28mm F1.8。

F8くらいまで絞ったのですが、

ピーカンだったからもっと絞っても良かったかもしれませんね

Img_4141_3

角度を変えてもう一枚。

う~ん、こっちの方がなんかかっこいいですね。

ああ~、この角度でもっと広角で撮りたかったな~

早く17-55を修理に出さなきゃいけませんね

もしくはEF-S 10-22mmを・・・

写真を撮り終えた後、富士のすそ野を見下ろしていたら、

なにやら富士スピードウェイからいい音が・・・

そしたら父が、

『富士スピードウェイ行ってみようぜ。何にもない日なら安いだろ』

まぁ確かに、何にもない日なら安いけどさぁ…

写真撮ってする帰るつもりだったから俺2千円しか持ってないよ?

それでも行くときかないので、帰りは父の運転だし、任せました。

富士スピードウェイまでは慣れた道。

あっという間に到~着・・・のはずが、

まだ東ゲートが見えない所から渋滞が!!

えっ、今日なんかある日なの!?

開幕戦は岡山だし、スーパーGTのオフィシャルページでは

富士での公式テストは今年スケジュールに入って無かったし、

何だ何だ!?!?!

っとてんやわんやしてる内に入場ゲートに着いたので、

受付のお姉さんに聞いてみると、

『本日はスーパーGTのメーカーテストがあります』との事。

メーカーテスト~???

そんなんあるなら最初から年間スケジュールに入れといてよ~

メーカーテストと言う言葉にちょっとビビりましたが、

入場料はいつもと同じ1人1,000円でした。ホッ

そんなこんなで、富士山の写真を撮りに出かけたハズなのに、

なんでかスーパーGTのテストを見学する事になりました

行き当たりばったり過ぎる

Img_4156_3

今年のGTも色々レギュレーション変わりまくってて

まだ良く解って無いんですが、

モノコック共通で左ハンドルなんでしたっけ?

あと見てたらリアウィングも共通っぽい。

DTMに合わせるとか、開発費削減とか色々あるんだろうけど、

やっぱり個性がどんどん無くなるのはちょっち寂しいなぁ。

Img_4204_2

今年注目の一台、トヨタRC-F。

SC430から久しぶりにマシンをチェンジして、

やっと今時のレクサス顔になったね~

スピンドルグリルは市販車ではう~ん・・・な感じだけど、

レーシングカーにするとなかなかカッコイイね!

Img_4185_2

もう一つの注目と言えば、ホンダNSX CONCEPT-GT。

市販されていないHSVから脱却し、ついに・・・って、

NSXもまだ市販されて無いじゃないかーーーーい!!

もうホンダは何なの?かっこ良ければいいの?

架空の車で良いなら、もうGTじゃ無いじゃん・・・

・・・せめて1日でも早くNSXを市販して下さいよぅ。

Img_4256_2

パパが十数年に渡り応援し続けているカルソニックGT-R。

今年は今の所調子よさそうで、期待出来そう

Img_4212_2

今まであんまり気にしてなかったBRZ。

でも今年からは応援しない訳には行かなくなりました。

86の兄弟車ですからねぇ。

見た所あんまり調子よさそうじゃ無かったけど、

なんとかBRZ&86の意地を見せて欲しい

Img_4247_2

そして今年のミクミク号。

今年はクールな感じでかっこいいね!

いつもなら個人スポンサーに応募するんだけど・・・

ごめんね、今年はパシフィックレーシングをスポンサードするよ。

だってあっち、ラブライブなんだもん

っと言う訳で、みなさんお待ちかねの、

パシフィックレーシング×ラブライブのポルシェが、これだぁ!!

・・

・・・あれ?

パシフィックレーシングのピットってどこにあるの?

えっ?今日のエントリーシートを見ろって?

ふむふむ・・・、なるほど。

今日パシフィックレーシング来てねーじゃん!!

アニメジャパンの方に行ってもうてるんやろか(;´Д`)

そんな訳でラブライブポルシェは5月の本戦までお預けになっちゃいましたが、

行き当たりばったりドライブ、中々に楽しかったです

でもね、流石にサーキットで28mm1本勝負はキツかった~

カメラを持ち出す時は、常に望遠ズームも用意しておこうと

心に誓うパパなのでした。

| | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

『潜入!! EVA2.22' 第3新東京市上映会:Q』

さて、『ネルフ本部支給食鯛飯弁当』を食べてお腹も膨れた処で、

これから会場の体育館内や、『第3新東京市立第壱中学校』の敷地内を

散策してみましょう~

   

11:20 散策開始

まずは体育館内を。

Img_6486_2

Img_6605_2

こちらが今回使用されるスクリーンとスピーカー。

スピーカーはこの他にも、会場内に数ヶ所設置されています。

正直スクリーンはあまり大きくはありませんね。

パパは結構前の方で見れたので、そんなに不満に感じませんでしたが、

後ろの方に座っていた方は、小さく感じたかもしれません。

それに比べ意外だったのは音響環境。

上映会の為に運んで設置したスピーカーだから、

”映画館に比べたらショボイに決まってる!”と思ってたのですが、

むしろそんじょそこらの映画館なんかよりも、ずっといい音してました

   

体育館内には『壱中生徒会』や『壱中保険委員』による、様々な張り紙が。

Img_6426_2

Img_6481_2

Img_6482_2

Img_6490_2

いい雰囲気出してますなぁ

こういうの見てると、何だか学生に戻った様な気分になりますね

Img_6489_2

Img_6425_2

『破』の挿入歌として使用された、『今日の日はさようなら』と

『翼をください』の歌詞も張り出されてました。

周りの装飾がなんだか懐かしい気分にさせてくれます

しかしこれが後の伏線になろうとは・・・

   

Img_6687_2

Img_6690_2
ん?『TOKYO-3』?新劇場版では『TOKYO-Ⅲ』では?

体育館内に記念スタンプが置いてあったので押してみました。

特に何も用意してなかったので、とりあえず貰った住民票にポチっとな

Img_6424_2

Img_6423_2

そしてスタンプが置いてある場所のすぐ上の2階には、

こちらを見下ろしてる綾波レイが

眼帯してて、ちょっと痛そう・・・

しかし、本当に遊び心満点なスタッフですね

Img_6546_2

こちらは男子トイレのスリッパ。
(汚い話で申し訳ない

『仙石原中学校』の遺品の一つのようです。

さすがにここまでは『壱中』仕様には出来なかったようですね

Img_6507_2

Img_6552_2

Img_6633_2

Img_6640_2

ヱヴァ関係のポスターも沢山飾ってありました

Img_6480_2

そしてこちらが、今回の上映会のポスターのようです。

Img_6480_3

表記が『2.22』ではなく『2.22'』になっている点に注目

この『'』が『NOGUCHI ver.』って事なのかな?

ずらずら~っと書かれている『C-XXXX』は、

今回修正・追加された箇所のカット番号だと思われ。

ただ、こんな数字だけ見せられたところで、

どのシーンだかさっぱり解りませんわな(笑)

   

今日は天気がとってもいいので、ここらで一回外に出てみましょう

Img_6503_2

んん~、春の暖かな日差しが心地いい

”いい匂い・・・。 新緑の匂いがする田舎の空気も悪くない”

そうだ、外に出て思い出した。さっきは一度落ち着こうって事で、

物販から一時退却したんだった。 よし、もう一度行ってみよう

実はパパ、今回ちょっと狙ってた物があるのです

それが『RADIO EVA(ラヂオヱヴァ)』のホームページで販売予告されていた

『2.22'』第3新東京市上映会限定日付入り(2010.05.08/09)Tシャツです。

Hakone_2thumb500x375

あんましカッコ良くは無いけど、いい記念になるかなぁと

って事で『RADIO EVA(ラヂオヱヴァ)』のコーナーに行ってみたのですが、

限定日付入りTシャツの影も形もありません

さっき来た時にも無かったので、

もう昨日の内に売り切れてしまったのかもしれませんね

それならばと、第2候補のマーパット・デザート『NERV』Tシャツ

狙いを変えたのですが、こちらもSサイズが売り切れであえなく撃沈

052b01s

う~ん、さっき『鯛飯』買いに来た時はSサイズあったんだけどなぁ・・・

やはりあの時迷わず買っておくべきだった

いや、ココはむしろ”6,615円使わずに済んだ”と考えるべきだろうか?

とにかく、狙った獲物に逃げられ、すっかり購買意欲が下がってしまったパパ

色々見ましたが、他に欲しい物も特に見つからず・・・

とりあえず”行って来た証明”にと、

『第3新東京市に行って来ました』クッキーだけ購入。

Img_6679_2

第3新東京市に行って来ました~(笑)

あっ、あと、この時点で『ネルフ本部支給食鯛飯弁当』は売り切れ。

でも『2.22'』上映後にまた入荷予定だそうです

   

っと、物販エリアでアスカコスの物販スタッフを発見。

折角だから写真を撮らせて貰おうとしたら、

”『ネルフ制式コーヒー』を買ってくれた人だけなんです~”

うう~ん、コーヒーかぁ・・・。 パパ、コーヒー飲めないんですよねぇ

と言う件を話してみた処、ジュースやポップコーンでもOKとの事

うん、ジュースなら飲めるなぁ

ぶっちゃけちゃうと、そこまでして撮らせて欲しい訳でも無かったのですが、

声かけちゃった以上、もう後には引けませんよね(笑)

ポップコーンとジュースのセットを勧められたのですが、

ポップコーンは男らしくキッパリ断り(男の戰い)、
(今日は上映中にポリポリ音たてて食べてたら怒られると思う)

アスカコスのおねぇさんお勧めのメロンソーダ(130円)のみ購入

・・・ホント、安モンで済ませてすんません

Img_6437_2

Img_6438_2 

ジュースしか買わなかったのに、快く写真を撮らせてくれたお二人、

そしてシャッターを切ってくれたおじさんに感謝感謝です

   

早速メロンジュースで喉を潤おしながら、校庭へ。

Img_6441_2

こちらの2つの建物が今日のメイン会場。

右が上映の行われる体育館で、左の建物の1Fが物販コーナーです。

上映会参加者が入れるのはこの2ヶ所のみで、

他の建物及び施設は立ち入り禁止です。

Img_6443_2

体育館の右側が校舎。 こちらも立ち入る事はできません。

Img_6601_2

野球のバックネット近くのスコアボードに野球のスコアが

どうやら現在『2-A』と『2-C』の試合が行われているようです

トウジが第3号を打ってますね

『ホムーラン』はわざとか?(笑)

3バカトリオやレイ、アスカ、委員長は皆『2-A』所属です

   

Img_6452_2

やっと辿り着いた『エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ』!!

Img_6466_2

aprのレースクイーン、『千葉 悠凪』さんも駆け付けてくれました

Img_6462_2

基本的にアンチトヨタなので、GT仕様のカローラにも全く興味がなく、

どんなマシンなのか全然基礎情報が無かったのですが、

こうして近くでまじまじと見ると、沸々と湧いてくる様々な疑問点。

そこら辺を『エヴァレーシング』のチラシを配っていた方にぶつけてみたら、

”詳しいヤツを連れて来ます!”と言われ、かなり詳しいスタッフさん登場

もしかしたらメカニック担当の方だったのかな?

かなりマニアックな話も聞かせて頂きました

パパにとってレーシングチームの(しかもかなりメカに詳しい)方と

話をさせてもらう機会なんて今まで一度も無かったものですから、

これは本当に嬉しかったですね~

『エヴァ・カローラ』については写真もいっぱい撮りましたし、

裏話的な話も含めて、後日改めてお届けしたいと思います

どうぞそちらの記事もお楽しみに

   

さてさて、そんなこんなしてる内に、上映時間も近くなってきました。

そろそろ体育館へ戻りましょう。

Img_6550_2

Img_6551_2

っと思ったら体育館の外側にも、2階から見下ろしているレイの姿が

 どっちかをアスカにして貰えたらもっと良かったのに  

上映会スタッフ、グッジョブ

   

12:30 再び体育館へ

上映時間も近づき、大分人も増えて来ましたので、

スタッフの指示に従って皆で少しずつ間隔を詰めます。

ただ、体育館の床に直に座るという鑑賞スタイルの為、

流石に正座や体育座りで2時間はキツイだろうと思い、

あぐらがかけるギリギリのラインは確保させて頂きました。

Img_6670_2

↑が上映会参加者に配布された『NERVクッション』なのですが、

ハッキリ言ってペラッペラ。

Img_6671_2

コレは『クッション』ではなく『シート』でしょ

そんな事もあろうかと、何時も富士スピードウェイでの観戦時に使用してる

折り畳み式のクッションを持ってきたのですが・・・・

Img_6676_2_2

Img_6678_2 

ハッキリ言ってこちらも負けず劣らずペラッペラ(笑)

それでも無いよりはマシだろうと、2枚を重ねてその上に座ったのですが、

あぐらをかいてると踝が床に当たって痛い事が判明

仕方ないので持ってきたクッションは両足のくるぶしの下に敷く事に。

結局ペラッペラの『NERVクッション』オンリーで臨む事になってしまいました

う~ん、先行きが不安だ・・・

Img_6594_2

   

12:50 カウントダウン開始

10分前になると体育館内の照明が消え、全ての扉が封鎖されました。

そして『NERV本部』の警戒音と共に始まるカウントダウン。

各種注意事項がスクリーンに映し出され、

”いよいよか・・・”と会場の緊張が高まった瞬間、

突如として流れ出す箱根コマーシャル

こ・・・、このタイミングで流すんですか 

余りにも不意を突いたタイミングで流れた箱根コマーシャルに、

会場は大爆笑

本当に今回のイベントスタッフ、楽しんで作ってますね~

『ヱヴァ』が無くても、箱根は本当にいい所

皆さん、一度箱根においでまし

そしてカウントダウンも終了し、いよいよ上映開始です!!

   

13:00 上映開始

Img_6547_2
↑上映前に撮ったものですが、パパの席からはこんな感じで見えました

”Start entry sequence.”
(エントリースタート)

”Initializing L.C.L analyzation.”
(LCL解析を初期化)

”Terminate systems ・・・”
(基幹システム・・・)

・・・・・・

やべぇ、何度見てもこのアバンタイトルは興奮する

ストーリー、テンポ、音楽、どれもこれも神がかってるとしか言い様がない

観客の心を一気に鷲掴みにするこのアバンは、

映画の導入としては完璧なんじゃないかとさえ思えます

そのアバンだけでも、『破』を観る価値アリアリです

そんな『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のBlu-ray&DVDが今月26日発売

絶賛予約受付中ですので、皆さん是非是非お買い求め下さい(笑)

(『2.22 NOGUCHI ver.』の変更内容等については、こちらを参照下さい

   

前述した通り、音はとても後付けスピーカーとは思えない素晴らしい物が

少しのこもりも無く、透き通ったような綺麗な音で、

音楽もセリフもとっても聞き取りやすくて快適でした

さらに低音が響くようなシーンでは、

音に連動して体育館の床が振動し、迫力がさらに倍増

もちろんスタッフが意図したものではないでしょうが、

体育館の硬い床が、この日見せた唯一の利点です

   

ヱヴァに詳しい方ならご存知だと思いますが、

去年の『ヱヴァ:破』公開時に、NTTdocomoとのタイアップで

『NERV携帯』こと、『SH-06A』が発売されました。

パパもなけなしの全財産をつぎ込んで購入。

以後、現在に至るまで愛用してきました

Img_6704_2

で、この『SH-06A』は、『ヱヴァ:破』の劇中でも

シンジやアスカ(色違い)、ミサトさん(色違い)が使用していて、

劇中でのミサトさんの着信音が、

『SH-06A』の”標準着信音”(注1)として設定されています。

パパはこの”標準着信音”が大好きで、

購入以来1度も変更する事無く(メール着信音等は即変更)

今まで使用してきました

そんな背景があったものですから、

当然上映中は携帯の電源を落としていたのに・・・

『破』劇中でミサトさんの携帯が鳴る度に、

自分の携帯が鳴ってしまったのかと勘違いして

マジ焦り!! ∑(゚Д゚lll)ビクッ

計3回ぐらい劇中でミサトさんの携帯が鳴るのですが、

その全てで体が飛び跳ねるほどビックリしてしまいました

大体ミサトさんの携帯の鳴るタイミングも分かってるし、

自分の携帯の音じゃ無いと頭では理解してるんですが、

それでも10ヶ月位使用してると、もう体が条件反射しちゃうんですね

いや~、ホント恥ずかしかったです

”じゃ、この事は他言無用で、ネルフのわんこ君

   

さて、今回の上映会は何度も申し上げている通り、

体育館内で行われている訳ですが、やはりと言うかなんと言うか、

映画館の様に完全に真っ暗とはいきませんね~

黒いカーテンで全ての窓を覆っているものの、

ちょっとした隙間から光が漏れて来ますし、風が吹くとカーテンがめくれ、

会場全体がふわ~っと明るくなる事も・・・

   

それよりさらにヤバかったのはお尻の痛さと、脚の痺れ・・・

”いっ・・・てててて、
 体育館での鑑賞って、聞いてたよりきついじゃん・・・”

ペラペラの『NERVクッション』君は、床の固さを一切和らげちゃくれません

物語はまだ半分も進んじゃいないのに、既に痛むお尻・・・

さらに、狭くて身動きが取れない為、あぐらをかいているにもかかわらず、

次第に痺れてくる脚・・・

”上映時間はまだまだあるのに、お尻が持たない!
 脚も無理矢理折り畳んで圧迫されてる分、血液が足りない!
 えーい、しゃあない! 脚の一本、くれてやる!!”

少しでも今の体勢を変えようと動いた瞬間、右脚に走る電撃

”うう・・・、いったーーーい!!
 すっげぇ痛いけど、(ヱヴァ:破 2.22'が)面白いから、いいっ!!”

   

薄明るい会場、痛むお尻、痺れる脚・・・

お世辞にも鑑賞しやすい環境とは言えませんでしたね。

しかし、『ヱヴァ:破』自体が面白くてそちらに意識が集中したため、

そんなに気にならなかったのは助かりました

正直他の映画だったら耐えられなかったかも

   

まぁ、そんなこんな、色々ありましたけど、無事上映終了。

いや~、やっぱり面白いッスわ、『破』!!

今観終わったばかりですけど、

Blu=ray&DVDの発売が待ちきれ無いッス

そんな事を考えていたら、スクリーンに

”本編の上映は終わりましたが”

の文字が・・・

ほうほう、終わったけど、どしたん?

”本日『16:20』より”

ほいほい

”『今日の日はさようなら』を”

『今日の日はさようなら』を?

”全員で合唱したいと思います”

ちょっwww、マジで!?

”是非ご参加下さい”

これには会場全体が大爆笑

壁に張り出されていたあの歌詞はこの伏線だったのか~

上映会スタッフの遊び心、ココに極まれりって感じですね

   

15:00 上映終了

上映中に固まった体をほぐし、とりあえず外へ。

Img_6600_2

んあ~、やっぱ外は”気持ちいいっ

ちょっと陽も傾いてきてますね。

さーて、まだ16:20まで時間があります。

どうしたもんかなぁと、物販エリアへ。

う~ん、やっぱり特に欲しいのはないなぁ・・・

そのままフラフラと『ヱヴァ・カローラ』の置いてある正門の方へ。

すると結構沢山の人が正門を出てどこかへ向かっているではありませんか。

ああ、そうか みんな『第3新東京市店』だった

ローソン『箱根仙石原店』に向かってるんですね

特にやる事も無かったので、パパもローソンへ行って見る事にしました

   

15:20 正門出発

正門を出て一路ローソンへ。

『旧仙石原中学校』から歩く事10分、無事ローソン『箱根仙石原店』に到着。

Img_6608_2

Img_6609_2

う~ん、『エヴァンゲリオンイベント中止』の文字が痛々しいですね
(イベント中止の顛末についてはこちらをご参照下さい

以前訪れた時はクリアファイルは全滅だったのですが、

この時は何種類か復活してました

ただし、対象商品のお菓子は、ポテチ以外ほぼ全滅

あと『第3新東京市店』の時用に仕入れた沢山のヱヴァ商品が店頭に並び、

普通のローソンとは違うオーラを放っておりました(笑)

Img_6613_2

店内には『第3新東京市店』だった頃の思い出の写真が・・・

涙無しでは語れません

特に欲しい物は無かったのですが、折角ココまで来たので

今まで買えなかった『にんにくラーメンチャーシュー抜き』を購入。

Img_6661_2

そしてコレを入れてくれたビニール袋は・・・

Img_6660_2

まだ『NERV仕様』のビニール袋でした~

ラッキ、ラッキ~

   

ほくほく顔でローソンを出て、ふと時間を確認すると15:45。

・・・あれ? そう言えばクロークに預けた荷物って、

16:00までに取りにいかなきゃいけないんじゃなかったっけ

やっばいっ、あと15分しかないっ

”第5次防衛線を早くも突破、速攻で戻らないと荷物がパーじゃん!”

って事でソッコーで体育館までダッシュ!!

なんとか間に合いました~

   

16:20 『今日の日はさようなら』合唱実験

そしていよいよ始まる『今日の日はさようなら』合唱。

曲のアレンジは『破』の挿入歌と同じ。

スクリーンに映し出される歌詞を見つつ、

今日の上映会参加者全員で合唱。

・・・なんとなく学生時代の卒業式を彷彿とさせ、

ちょっぴりセンチメンタルな気分に。

本当に今日のこの上映会に参加できて良かったな

参加者の皆さん、スタッフの皆さん、ご協力頂いた箱根町の皆さん、

本当にありがとうございました!!

また会う日まで・・・

Img_6641_2

   

16:25 『今日の日はさようなら』合唱実験終了

会場中から拍手が鳴り止まない中、余韻をぶち壊すスタッフからの

”みなさん、バスが来てます。帰りましょう”

のアナウンスに、またまた会場大爆笑

なんだか、いろいろこだわって作って、

ある意味テーマパークと言えるんじゃないかとさえ思える完成度を見せつつも、

どこか漂うこの手作り感

”いい大人が、大人の力で一生懸命作り上げた学園祭”

今回の上映会は、そんな感じのほのぼのほしたいいイベントでした

また次回この様な企画があったら、是非参加させて貰いたいですね

   

17:50 小田原駅到着

楽しかった『2.22 NOGUCHI ver』上映会ツアーも終了・・・

行きも帰りもお世話になったね、『バス仮設5号車』。

Img_6643_2_2

”さよなら、バス5号車。お役目ごくろうさん。”

   

一足早く『2.22』ヴァージョンの『破』を鑑賞できた事はもちろん、

その他にも見所満載だった今回の上映会。

こんだけ楽しませてもらって、小田原駅からの往復バス付き、

さらに『第3新東京市』の住民票等のお土産が付いて5,000円なら、

パパ的には安いもんですね

ヱヴァ一色に染まった一日、心から堪能させて頂きました

今から待ち遠しいBlu-ray&DVDの発売日は今月26日。

果たしてパパはどんなフィルムブックマークを手に入れる事が出来るのか

そちらの記事も、乞うご期待 

   

   

注1:元々はウルトラマンに出てくる怪獣、『キングキドラ』の鳴き声
   (=科学特別捜査隊本部の電話着信音)だそうです。

   

ブログランキング参加中↓面白かったらポツッとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年5月12日 (水)

『潜入!! EVA2.22' 第3新東京市上映会:破』

今回からいよいよ、『2.22 NOGUCHI ver.』第3新東京市上映会当日の模様を

お届けしちゃいますよ~

(『2.22 NOGUCHI ver.』の変更内容等については、こちらを参照下さい

   

2010/05/09 07:00 起床

仕事に行く時よりは遅く起床。 ・・・とは言ってもやっぱり眠い

しかしバスの集合時間(バス仮設5号車は08:50)に遅れたら、

皆に迷惑かけちゃうので、気合いを入れてチャッチャと支度開始。

まぁ支度と言っても、前日の内に大体済ませてあるので慌てる必要は無い。

そう思っていたのですが、顔を洗って、歯を磨いて、服を着替えて・・・

っとココで問題発生!!

流石に箱根は半袖ではまだキツイと思い、

長袖Tシャツの上に『真希波UT』を重ね着してみたのですが・・・

あれっ? なんかちっちゃいかも!?!?

何時もUTを買う時はSサイズでOKだったんですけど、

他のUTより気持ち小さいのか、ちょっとしたピタT状態に・・・

キッツキツって訳じゃないんですけど、軽い圧迫感が

むぅ、これはMサイズにするべきだったのか

   

08:00 出発

カメラ、お財布、携帯、そしてJTBからの上映会チケット引換券を最終確認。

よし、全て揃ってるおるな。 それでは、いざっ、出陣

   

08:20 小田原駅到着

予定より一本早い電車に乗れたので、思いの外早く到着

Img_6401_2

そのまま集合場所の西口に向かうと・・・

おお、いるいる、それっぽい人達が

今日は1日よろしく頼むぜ、同志たち

   

既にバスは6号車まで到着していたので、さっさと乗り込んでしまいましょう。

Img_6400_2

”今日は1日よろしくな、バス仮設5号車”

と心の中でつぶやきながら5号車の写真を撮っていたら、

バスガイドさん ”あっ、それってヱヴァのTシャツですか?すご~い!”

運転手さん ”本当だ!かっこいいなぁ”

パパ ”あはは、ありがとうございます。今日の為に買ってきました~

むぅ、パっと見でコレをヱヴァTと判断出来るとは、この二人、出来る!!

帰りのバス内で判明したのですが、お二人ともかなりのヱヴァファンとの事。

箱根湯本の駅を通り過ぎる度、”今日はシンちゃんいないのかな?”

”いませんね~”な~んて会話を交わす程とか(笑)

バスガイドや運転手にまでヱヴァファンを仕込んでくるとは・・・

やるなっ、東都観光バス㈱

そんな何気ない会話にちょっと嬉しくなりながら、バス内へ。

”これがバス仮設5号車か・・・”

思いの他綺麗なバスにちょっとビックリしつつも、

思い出されるのは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のアバンタイトル・・・

   

”Start entry sequence.”
(エントリースタート)

”Initializing L.C.L analyzation.”
(LCL解析を初期化)

”Terminate systems all go.”
(基幹システム全て正常)

”Synchronization great requirements all go.”
(同期、全て正常)

”Papa, Please select the seat.”
(パパ、座席を選択してください)

”えーとっ、割と乗り物酔いしやすいので、前の方で

”Roger.”
(了解)

そんな訳で、前方窓側の席をゲットーー

早めに到着してたので余裕でした

一応酔い止めの薬は飲んで来たのですが、前の方の席を確保出来て一安心です。

後は出発を待つだけ・・・

   

加持さん ”新型(Mサイズ)の支給、間に合わなかったな”

パパ ”胸がきつくてイヤだ”(←Sサイズを頼んだお前が悪い)

加持さん ”おまけに急造品(ヱヴァっぽさのまったくない普通)の
       機体(バス)でいきなり実戦とは、誠にすまない”

パパ ”やっと乗せてくれたから、いい”

加持さん ”お前は問題児だからな。 まっ、頼むよ”

パパ ”動いてる動いてる、いいなぁ、ワックワクするなぁ
    さて、バス仮設5号車、起動!”

   

09:00 小田原駅出発

小田原駅を出発したバス仮設5号車は、一路仙石原へ。

”幸っせは~、歩いてこない~、だ~かっら歩いってゆっくんだね~♪”

いちこく(注1)を箱根方面に走った事がある方なら解ると思いますが、

小田原を過ぎると一気に周りの景色が変わって、山しか見えなくなります

おまけに湯本を過ぎたあたりから狭くてクネクネした道ばかりになるので、

小さい車でも結構気を使って走らなければなりません

そんな所をでっかいバスで通り抜けちゃうんですから、

運転手さんの技術には頭の下がる思いです

”一日一歩、三日っで三歩、三歩進んで、二歩下っがる~♪”

おっと、噂をすれば件(くだん)の箱根湯本駅です

Img_6412_2

今日ももちろん、シンジ君はいませんでした~

Img_6408_2

この日は小田原から箱根湯元の駅までの間に、

結構な台数のパトカーとすれ違いました。

これは以前問題になった『ローソン第3新東京市店』の教訓を踏まえて、

今回の上映会用に警察が人員を増やして対応しているから・・・、では勿論無く、

来週末に天皇陛下が箱根に泊まる為、その警護の予行練習をしているのです

”じ~んせいは、ワン・ツーパンチ・・・、うぉっ、来たぁ♪”

とか何とか言ってる間に、バスは旧仙石原中学校前に到着

早速”フィールド展開!!”して突入開始~

   

10:26 第3新東京市立第壱中学校(旧仙石原中学校)到着

Img_6514_2

うおおっ、遂に来てしまった

ここが今回の会場、『旧仙石原中学校』かぁ。

っつーか、旧『ローソン第3新東京市店』のすぐ近くだったのか

Img_6516_2

ぬぬぬ、学校名がちゃんと『第3新東京市立第壱中学校』になってる

芸が細かい

質感も作りたての新品って訳じゃなく、少し使い込んだ感じがあって凄く自然。

こりゃ今回のイベントスタッフ、むちゃくちゃ気合い入ってますねぇ

   

学校の敷地内に入るには、バス内で配布されたピンバッチが必要になります。

Img_6410_2
デザインは『第3新東京市』の市章(イチジクの葉)。英語表記は『TOKYO-Ⅲ』

これが敷地内及び体育館への入場券代わりになりますので、

目立つ場所にお付け下さいとの事

普通ならTシャツの襟とか袖とか胸辺りに刺すのがいいんでしょうが、

『真希波UT』に穴を開けたくなかったので、携帯ケースに刺してみました。

Img_6411_2

これをスタッフの方に見せて、いよいよ『第3新東京市立第壱中学校』内へ

   

校内に入ってまず目に入ったのは、

SUPER GT 第3戦 富士』から突如として参戦した、

『エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ』

Img_6420_2

むほほっ、この間のはコース脇から走っている姿しか見れなかった為、

こんなに間近で見れるのは『SUPER GT』大好き人間のパパ的には嬉しすぎる

でもこの『エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ』の展示、

パパはある程度予想してました

元々『ヱヴァ:破』の公式ブログで、秘密のある物を『晴れたら展示出来る』と

予告されていたので、『SUPER GT』にデビューしてから1週間後と言う時期と、

御殿場から近い立地、
(ファクトリーが御殿場付近にあるレーシングチームが結構多いんです)

そして『晴れじゃないと展示出来ない』という理由から、
(通常アスファルトの上しか走らないマシンに、泥が付いたらイヤーンな感じ)

これはきっと『エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ』の事だろうと予測

なので『2.22 NOGUCHI ver.』上映会用に作られた公式ツイッターで、8日に

”晴れた!ということで、
 エヴァンゲリオンレーシングカーを校庭敷地内に展示決定!”

と書かれた時は、”ひゃっほい!予想通り~!!”と喜びました

しかし、予想してなかったのは次の一文

”めったに間近で見れないよ。本日限定 ”

本日・・・限定・・・!?

ナ――――!! ∑(゚◇゚ノ)ノ

『本日限定』って事は、明日は見れないんですか??

んなアホなっ どう考えても『エヴァ・カローラ』展示は、

ヱヴァ大好き歴15年、GT大好き歴12年のパパの為にある企画やろっ

嘘だと言ってよバーニー  ・゚・(ノД`;)・゚・

   

天国から地獄へ一気に落とされた様な、まさかの展開に凹んでいたら、

夕方になって

”たいへん好評のため、明日もレーシングカー展示決定!”

とのツイート(つぶやき)が

やったー スタッフの方々、調整ありがとう

って事で、無事9日も『エヴァ・カローラ』が展示されたのでした

本当に良かった・・・

   

Img_6445_2

『エヴァ・カローラ』の反対側にはドルビーのデモカーが。

『2.22』のPVをがんがん流してました

『エヴァ・カローラ』も『ドルビーデモカー』も

いっぱい写真撮りたかったのですが、

まずは体育館で受付を済ませてくれとの事でしたので、

とりあえず今は諦め、受付及び鑑賞場所確保の為に体育館へ。

Img_6421_2

うおお、懐かしすぎる体育館 何年振りだろうね、体育館に入るの

歩いた時のこの『ドスドス』感がたまらねぇ・・・

ちなみに壱中の制服を着て案内の立て看板を持っているのは、

ボランティアで協力してくれている箱根在住の現役中学2年生の女の子達。

ご協力、本当にありがとうございました

Photo

こちらが超簡単な体育館見取図(3分で作成(笑))。

こんな感じで鑑賞エリアが4つに分れていまして、

行きのバス内で配られた『第3新東京市住民票』に書かれている

住民番号によって、鑑賞エリアが決められます

エリア内であれば、場所はどこでも自由。

ただし、沢山の人が入るので、出来るだけ詰めて座るのがルール

パパの住民票番号は800番台。 鑑賞エリアは『2』でした

早速出来るだけ前で、スクリーン中心寄りの場所を確保。

この時点ではまだまだ余裕がありました

   

観賞場所の確保も完了し、ふと時間を確かめると、現在10:35。

上映予定時刻の13:00まで、まだまだ時間があります。

”どっこいしょっと・・・、このままじゃ上映中にお腹が空いちゃうな・・・
 よし、物販に行ってみっか
 通常780円の『鯛めし』が1,300円にもなった理由、見せて貰うわ
 モード反転、裏コード! ザ・シ―ドリーム(鯛)!!”

と言う訳で、噂の『ネルフ本部支給食鯛飯弁当』を購入しに

物販コーナーへ

Img_6428_2

Img_6435_2

うおおおおっ ヱヴァ関連の品揃えも凄いケド、人の多さも凄え(笑)

商品が見えない

”ATフィールドが強すぎる こっからじゃラチがあかないじゃん”

っと言う訳で、

”よっ ほっ はっ

っと人混みをかき分けて、

”零距離ならばっ

なんとか商品の前に到着

Img_6429_2_2 

箱根でしか買えない『ネルフ謹製温泉饅頭 箱根二子山』や

『ヱヴァてぬぐい』、『木製ストラップ』、

ローソン(クリアファイルプレゼントあり)のヱヴァタイアップ商品、

Img_6431_2

お目当ての『ネルフ本部支給食鯛飯弁当』に、

Img_6436_2

『RADIO EVA(ラヂオヱヴァ)』のTシャツも売ってるし、

その他にもいろんなグッズが揃ってて、あまりの欲しい物多さに、

何だかもう何を買えばいいのかさっぱり解らない状態に

お・・・、落ち着け! とりあえず今は、『鯛飯』だけ買って一時退却だ!

食事後にまたゆっくり見に来ま~す

   

腹が減っては戦はできぬ~って事で、一度体育館に戻って腹ごしらえ

さ~って、これが噂の『ネルフ本部支給食鯛飯弁当』かぁ。 

どれどれ・・・

Img_6493_2

あれ・・・、なんかコレ、思ったよりちっちゃいな・・・

Img_6649_2

比較の為、クラフトのパルメザンチーズと並べてみました。

う~ん、いつもの『鯛めし』の方が大きいような・・・

今度普通の『鯛めし』を食べた時に、改めて大きさ比較してみます

Img_6650_2

紙製のパッケージをスライドさせると、プラスチック製の弁当箱が登場。

Img_6651_2

もちのろんで『NERV』マーク入り。

なるほどね、専用のプラスチック弁当箱にした分、高くなったのかな

さて、それではいよいよ『ネルフ本部支給食鯛飯弁当』とご対面です

Img_6498_2

ん・・・? あれ、俺疲れてんのかなぁ?

今、お弁当が真っ白に見えた・・・(つд⊂)ゴシゴシ

も・・・、もう一回。

Img_6498_2

やっぱり白いっ!!Σ(゚Д゚;

白い!白い!白すぎる~!!

鯛飯と沢庵しかないよ!!

1,300円でコレは酷でぇww 

内容的には普通の『鯛めし』の方がよっぽど豪華じゃん

でもまぁ、パッケージとかスゲーこだわってるし、弁当箱も割り箸も専用設計、

さらに1日たったの500食じゃ、この値段になるのも仕方ないのかもしれません

しかし、気になるのは『鯛飯』売り場で見かけたあの数字・・・

Img_6432_2

Img_6432_3

『鯛飯弁当限定3,000食』の文字が。

しかし、そのすぐ下に『5/8 500食』、『5/9 500食』とも。

5/8・9の両日を合わせても1,000食って事は、残りの2,000食は??

この『ネルフ本部支給食鯛飯弁当』、

まだまだこれからの展開がありそうな気がしますね~

Img_6648_2
パッケージ表

『日本海洋生態系保存研究機構提供品』(注2)とか、マジうける

ホント、洒落が効いてますなぁ

Img_6652_2
パッケージ裏

Img_6655_2

やはりパパの予想通り、製造は東華軒さんでした

Img_6657_2

割り箸の袋にも『NERV』マーク入り。

三膳で1セットだったんですが、食べる時に一膳は使っちゃいました

   

う~ん、見れば見る程、こだわって作ってるのが良く解るなぁ

これだけこだわった仕様で、しかも『日本海洋生態系保存研究機構』の

貴重な鯛を使っているとなると(架空の設定だけど)、

なんだか1,300円でも高くない気がしてきましたよ(笑)

これぞヱヴァマジック

味はいつもの東華軒の『鯛めし』で、美味なり

しかし、いくら『鯛めし』大好きなパパでも、

『鯛めし』オンリーじゃさすがに寂しいですね

   

さて、お腹も膨れたし、上映までまだまだ時間もありますので、

これから色々散策しに旅に出かけましょう 

・・・っと期待させつつ、今回はココまで

会場の散策及び『2.22 NOGUCHI ver.』の上映の模様は、

また次回の記事でお届けしま~す

それでは皆さん、さらばんば~

Img_6504_2

   

次回予告

パパを取り込んだまま凍結される体育館。

廃棄された仙石原中学校。 幽閉される上映会参加者。

皆を笑いの渦へと投下する、まさかの箱根コマーシャル。

帯同するヱヴァ初号機(カローラ)と、そのレースクイーン。

ついに集う、運命を仕組まれたヱヴァマニア達。

果たして、『2.22 NOGUCHI ver.』を観る事を望む人々の物語は、

どこへ続くのか?

次回、『潜入!! EVA2.22' 第3新東京市上映会:Q』。

さぁ~て、この次も~、サービスサービスゥ~!!

   

注1:国道一号線のことです。
   パパの地元の方では国道一号線を”いちこく”と言うのですが、
   ママの地元では”こくいち”って言うそうです。
   言われてみれば、”こくいち”の方が短縮形として正しい気がしますが・・・
   皆さんの地元ではなんて呼んでますか?

注2:ヱヴァ新劇場版の世界では、セカンドインパクト後に海水が赤く染まり、
   生物の生きていけない海になってしまっています。

   『日本海洋生態系保存研究機構』はセカンドインパクト前の生物の復元
   及び永久保存、そして赤い水の浄化を目的とした国際環境機関法人です。
   (施設内に巨大な水槽を有し、沢山の海洋生物を飼育しています)
   その『日本海洋生態系保存研究機構』から提供された貴重な鯛の身を使用した
   『ネルフ本部支給食鯛飯弁当』は、とても貴重な食糧って事になりますね

   

ブログランキング参加中↓面白かったらポツッとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

『エヴァンゲリオン初号機、発進!!』

我が家のゴールデンウィーク恒例行事といえば、

言わずと知れた『SUPER GT Round FUJI』

っと言う訳で、今年も富士スピードウェイに行ってきましたよ~

   

突然ですが、当ブログ『今日もそら模様』は、2009、2010年の

『グッドスマイルレーシング』の個人スポンサーを勤めさせて頂いてます

Img_6345_3

そんな訳で2009年は年間を通して

『グッドスマイルレーシング』を応援してきました。

Img_6871_2
『2009 SUPER GT Round 3 FUJI GT 400km RACE』にて

Img_7746_2
2008年から使用しているBMW Z4を使用し、
『初音ミク Studie GLAD BMW Z4』として参戦。

Img_1725_2
『2009 SUPER GT Round 5 FUJI GT 300km RACE』にて
第5戦菅生より、白ベースのカラーリングに変更されました。

Img_7084_2
ピットウォークにも参加して・・・

Img_7113_2

Img_7112_2
菊地靖選手と田ヶ原章蔵選手のサインを貰ったり・・・

Img_1806_2

Img_7109_2

Img_7161_2
ステッカーを貰ったりしました

   

それはそれで楽しい経験でしたが、

第3戦、第7戦と2回ピットウォークに参加して気づいた事が。

ドライバーやレースクイーンには間近で会えるのですが、

パパの目的である肝心の”GTマシン”にはあまり近づけないと言う事実

これじゃああんましパパ的に意味ないってー事で、

今年はピットウォークには参加しない方針です

やっぱりグリッドウォークが出来るパドックパスがパパには必要ですね

   

そんでもって今年も引き続き『グッドスマイルレーシング』の

個人スポンサーになった訳ですが・・・

Img_5880_2
NO.9 初音ミク×GSRポルシェ

今年は色々ゴタゴタがあった様で、チーム体制が一新

マシンも『BMW Z4』から『ポルシェ996RSR』に変更し、

『GOODSMILERACING with COX 初音ミク×GSRポルシェ』として参戦中です。

でも個人的には去年までの『Z4』の方がかっこ良かったなぁ・・・

それに、去年まではダメダメ『Z4』が毎戦毎戦アップデートを重ねて良くなって、

個人スポンサーの

『俺達がミクZを育ててる!!』

感がすごくあって良かったのですが、今年はソレが薄くてちょっち残念

個人スポンサーとして応援しつつも、そんな微妙な心境でいたところに、

突然信じられないような情報が振って湧いてきたのです

なにぃ、エヴァンゲリオンレーシングだとぅ!

   

第2戦の岡山まで極々普通のレーシングチームとして参加していた、

GT300クラス31号車『apr COROLLA Axio』。

その『apr』のマシンが、第3戦富士から突如として

『エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ』と名称を変更

カラーリングも初号機カラーに一新すると言うのです

しかも個人スポンサーの募集までするとな・・・

なんで今頃やね~ん もっと早くインフォメーションしてくれれば、

グッドスマイルレーシングのスポンサードは止めたかもしれないのに

パパの少ない小遣いの中では、

1年に2チームのスポンサードは厳しいものがありますので・・・

何故今更『ヱヴァンゲリヲン』では無く『エヴァンゲリオン』なのかは

良く解らないのですが、パパにとってこの話はまったくもって寝耳に水。

初号機が『SUPER GT』に出るなんてシナリオ、

死海文書にもどの外典にも記されていません

『SEELE』のシナリオには無い今回の件を、

『NERV』がどういう思惑を持っておこなっているのか、

『SEELE』の一員であるパパとしては、早急に調査する必要があります。

と言う訳で、早速『2010 SUPER GT Round 3 FUJI GT RACE』に

潜入してきました~

Img_6341_2
↑富士スピードウェイにて調査中の秘密組織『SEELE』のメンバーらしい人

そして遂に、我々の前に現れた噂のマシンがコイツ↓だぁ

Img_6264_2
NO.31 エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ

うおおっ、思った以上に初号機してるっ!!

ライト周がヱヴァ初号機の眼の様にデザインされてますが、

これはカローラのライトの形がいい感じにマッチしてますね

Img_6226_2

フロントフェンダーには『NERV』のマークも
(『V』の角度からすると、新劇場版のNERVマークですね。
 そうなってくると尚更何故に『エヴァンゲリオン』なのか・・・)

コレだけの完成度を見せられると、毎戦カラーリングを変えて、

『2号機』とか『零号機』とか『仮設5号機』カラーで参戦して欲しいなぁ

Img_5746_2

さらにこだわりはマシンだけに留まらず、公式ブログによると

嵯峨 宏紀、松浦 孝亮の両ドライバーが、

『プラグスーツ』柄の『ドライビングスーツ』(ややこしい(笑))を着ていたり、

aprのレースクイーンがアスカやレイの格好をしてたみたいです。

Img_6297_2

ピットもヱヴァ一色に染まってたみたいだし、

こりゃ今回ピットウォークに参加するべきでしたね・・・。

失敗しました~

次回の第7戦こそはっ

   

さてさて、ここまで痛車しか出てこなかったので、

SUPER GTはそんな車しか走ってないのかと

お思いになってしまうかもしれませんが、

そんな事はまったくないので、ここらで普通(笑)のGTカーをご紹介します

Img_5705_2
NO.8 ARTA HSV-010

まずは2009年まで参戦していたNSXに代わり、

今年から参戦しているホンダの『HSV-010』

市販車をベースにしたマシンで参戦する事が義務付けられているGTに、

まったくのレース専用車として投入された『HSV-010』。

いくらJAF(日本のレースを統括しているのはJAFなんです)の

特認を受けているとはいえ、レース専用車を使用するのは

ちょっとズッコイのではないかと思うのですが・・・

Img_6157_2
NO.100 RAYBRIG HSV-010

まぁ、むちゃくちゃかっこいいマシンだからよしとしますか(笑)

ってゆーか、これを普通に販売すればまったく問題無い訳ですから、

ホンダさん、『HSV-010』の市販車版、本気で考えませんか?

エンジンの音も物凄く甲高く、F1にかなり似た音をしてるのもグッド

F1のエンジン音が”カーン”って感じだとすると、

HSV-010は”チューン”っといった感じ。

うん、まったく伝わらないですね(笑)

Img_6113_2
NO.17 KEIHIN HSV-010

そんな『HSV-010』の中でも、

パパが特に気に入ったのが『HEIHIN HSV-010』

青色に輝くマシンが美しすぎる・・・

マジで惚れました

本戦でも『HSV-010』勢最上位の5位と活躍してくれました

   

Img_6137_2
NO.23 MOTUL AUTECH GT-R

今年から変わったエンジンがイマイチなのか、

同じく今年から変えたミシュランタイヤとの

マッチングが上手く行ってないのか、

いまいち波に乗れない『MOTUL AUTECH』。

第4戦以降に期待です

Img_6079_2
NO.12 CALSONIC IMPAL GT-R

今回GT-R勢最高位の6位につけたカルソニック。

なんだかんだでもう10年以上応援しているチームなので、

今年も物凄ーく期待してますよ~

   

Img_5939_2
NO.1 PETRONAS TOM'S SC430

昨年の王者ペロトナス・トムス。

今回も2位表彰台を獲得し、ナント1~4位をSC430勢が独占

富士スピードウェイはトヨタの本拠地とは言え・・・、KYにも程がある

   

Img_6108_2
NO.46 アップスタート MOLA Z

パパと同じ地元出身という事で応援している横溝直輝選手操る『MOLA Z』。

2008年最終戦では『鏡音リン・レン』カラーになったりもしてましたね

   

Img_5509_2
NO.7 M7 MUTIARA MOTORS 雨宮 SGC 7

2002年に惜しまれつつも生産を終了した伝説のマシン

『RX-7』で参戦し続ける孤高の存在、『RE雨宮レーシング』。

ロータリーエンジンの奏でる独特の音色は、

現在もファンを魅了してやみません。

どんぐりパパが世界一美しいと思っている車です

   

Img_5804_2
NO.19 ウェッズスポーツ IS350

泣く子も黙る『爆走坂東組』のレクサスIS350。

坂東正明チーム代表は、GTAの代表に就任した為に監督の座を退き、

現在は息子の坂東正敬さんが監督を勤めています。

   

さてさて、いつもはグランドスタンドで観戦するどんぐり一家なのですが、

今回は趣向を変えまして、1コーナー内側の芝生の上に、

シート+折りたたみイスというスタイルで観戦してみました。

Img_6303_2

いや~、これがね、むっちゃくちゃ気持ちいいんですわ

Img_6312_2_2

風は冷たかったものの、非常に天気も良く、日差しが暖かかった為、

爆音を奏でるマシンがワンワン走っているにも係わらず、

気を抜くとウトウトと・・・

気分はもうピクニック

グランドスタンドの様に後ろに壁がある訳ではない為か、

GTマシンの爆音もそれ程ではなく、このスタイルなら

”グランドスタンドには入れないから”爆音は嫌がるだろう”

諦めてきたそらとの観戦も大丈夫そうです

実際、サーキット内でワンコを連れた方をたくさん見かけます。

その方達は多分こういったスタイルで観戦してるんでしょうね

家でずっとお留守番よりは喜ぶと思うので、

次回はそらも一緒に連れてきたいと思います

Img_5418_2

   

そんなこんなで、今年も楽しませてもらった『SUPER GT FUJI Round』。

サーキット内は結構起伏が激しいので、歩き回るとガッツリと疲れるのですが、

ここの所殆んど外出してなかったパパには、いいリフレッシュになりました

ゴールデンウィークという言葉を忘れてしまったかの様なスケジュールで、

また来週頭から仕事しなければならないのですが、

爆音奏でるスーパーマシン達にパワーを貰いに貰いまくったので、

頑張ってやって行けそうです

今回から始まったエヴァンゲリオンレーシングプロジェクト。

正直『SUPER GT』の話題までヱヴァに持っていかれるとは思わず、

ここ最近の記事が全てヱヴァに占領される事態となってしまいましたが、

また来週末には『2.22 NOGUCHI ver』の上映会がありますので、

もうしばらくお付き合い下さい

それではヱヴァファンの皆さん、次回は旧仙石原中学校にてお会いしましょう

さぁ~て、この次も~、サービスサービスゥ~

Img_6321_2

   

ブログランキング参加中↓面白かったらヱヴァッとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

『潜入!DDDL2009』

いまさら感がバリバリ漂う古い話題で恐縮ですが、

9月22日にお台場の『メガウェブ』で行われたモータースポーツイベント、

『TOYOTA MOTORSPORTS DREAM DRIVE DREAM LIVE 2009』に

行って来ました~  (な・・・長いイベント名

   

シルバーウィーク真っ只中だし、

無料で参加出来るイベントと言う事もあって、当日は大混雑が予想されます。

本来であれば、いまいちトヨタが好きく無いパパ的には

完全スルー対象なイベントなのですが、なぜ今回に限って参加したのか?

また、御殿場プレミアム・アウトレットの記事で、

『シルバーウィークは仕事の都合で祝日が休みにならかった』

と書いたのに、なぜ参加できたのか?

これには深~い深~いワケがあるのです

   

ことの始まりはさらに遡る事一週間。

13日に富士スピードウェイにて行われた

『スーパーGT第7戦』を観戦したパパは、
(↑については、後日記事にするかも???)

職場にささやかながらお土産を買っていきました。

そのお土産を職場の皆に配っていたら、パパの上司が

”なんだ、お前こういうのが好きなのか?”

”ええ、レースが大好きで、毎年観に行ってるんですよ”

”じゃあさぁ、俺の代わりにコレに行って来てくれない?”

と言われて渡されたのが、『DDDL』の特別招待券。

なんと!コレを持ってけば、

普通の人が入れない場所で見学出来ると言うのです!!

おおう、なんておいしい話なんだ

”かしこ、かしこまりました、かしこ~♪”

と即答したのは言うまでもありません(笑)

   

イベントは午後1時半からだったので、午前中は普通にお仕事。

お昼ごはんを食べたら、会社から直接お台場にGO!

Img_2080_2

っと言う訳で、やってまいりましたお台場!

リアルスケールガンダム』を見に来て以来、約1ヶ月ぶりですね~

さてさて、これからパパは、メガウェブへ『遊び』に行く訳ですが、

今回は上司の代理参加と言う事で、メガウェブに行ってる間も『仕事』扱い!

さらに会社からお台場までの交通費も出るって訳で、まさに至れり尽くせり!

お、お、お・・・おいし過ぎるぅっっっ!!

いや~、ささやかでもお土産、買ってみるもんですなぁ

   

会場に入ると早速、数々のレースを戦い抜いたレーシングカー達が

ずらりとお出迎え・・・

Img_2101_2

すわっ! こ・・・ここは天国ですか!?!?

   

Img_2103_2
F3 2007年マカオGP優勝車

Img_2143_2
フォーミュラーニッポン TOYOTAテストカー

Img_2109_2
セリカ GT-FOUR ST185 WRC

Img_2108_2
カストロールトムススープラ JGTC

Img_2107_2
ENEOS SC430 SUPER GT 2009

Img_2112_2
TOYOTA 2000GT スピードトライアル仕様

Img_2129_2
TS010 SWC

Img_2132_2
TOYOTA 7

Img_2111_2
TOYOTA S800(ヨタハチ) 浮谷東次郎レース仕様

Img_2117_2
LEXUS LF-A ニュルブルクリンク24時間レース参戦車

Img_2123_2
TOYOTA F1(2006年のTF106かな?)

おうおうおう、懐かしい車から発売前の最新車まで、色々揃えてきましたなぁ

ヨタハチとか2000GTとかもう、博物館レベルですよね。

実物を見れるだけでもスゲーってのに、

この後実際に走行する姿が見れちゃうってんですから、

ワックワクが止まりません

   

ピットにずらりと並んだマシン達をバシバシ撮っていたら、

なにやら『TS010』の周りに凄い人だかりが・・・

”なんだなんだ”と覗いて見たら・・・

Img_2122_2
ぎょぎょっ! 元F1ドライバーの片山右京さんだ~!!

スミマセン、あまりに興奮しすぎて『さかなくん』になってしまいました

でもレース好きにはこれはたまりませんよ~

なんたってあの『カミカゼ・ウキョウ』が目の前にいるんですから!!

   

片山右京さん、とっても物腰の柔らかい方で、

こころよくサインしてくださいました

ありがとうございま~す

Img_4478_2
ん? ひらがな?

Img_4475_2

でもでも、サインを書いて貰ったのは『スーパーGT第7戦』のパンフレット(苦笑)

右京さん、『スーパーGT』には何にも絡んでないんですけど(笑)

もしかしたらドライバーに会えるかもと思って、

『スーパーGT第7戦』のパンフレットを持ってきたんですが、

まさか右京さんから貰えると思っていなかったもので・・・

分かっていれば『F1』のパンフレットでも持ってったのになぁ~

Img_2150_2

Img_4480_2

伊藤大輔選手と、

Img_2152_2

Img_4482_2

国本雄資選手のサインも頂きました。

お二人は現在、『スーパーGT』に参戦中ですので、

パンフレットのそれぞれの紹介ページにサインして貰いました

ラッキラッキ~

   

Img_2185_2

世界的に有名なギタリスト『マーティ・フリードマン』と、

『セリカ GT-FOUR WRC』の夢の競演!!

いよいよ待ちに待った『DDDL』のスタートです!

Img_2198_2
TOYOTA SPORTS 800 浮谷東次郎レース仕様
ドライバー:鮒子田寛

『DDDL』は、レーシングカーと音楽のコラボレーションと言う事で、

レーシングカーの走行と、アーティストによるパフォーマンスが

交互に行われるのですが、

パパは『マーティ・フリードマン』さんくらいしか知らなかったもので、

ココでは思い切って割愛!!(笑)

レーシングカーの迫力ある走行のみをお届けしま~す

   

Img_2216_2
TOYOTA 2000GT スピードトライアル仕様
ドライバー:細谷四方洋

流れるようなボディが美しいこのマシンは、67年デビューのトヨタ2000GT。

そのあまりに美しいボディは、今でも多くのファンを魅了し続けています

映画好きな人には、『007は二度死ぬ』に出て来たボンドカーと言ったら

分かるかもしれませんね

映画の中ではオープンカーでしたが、

実際にはオープンタイプは販売されなかったようです。

あと、エンジンがYAMAHA製ってのも、見所の一つですね

   

Img_2426_2
TS010 SWC
ドライバー:片山右京

こちらは91年にル・マン24時間耐久レースに参戦した車両だそうです。

TS020はリアルタイムで見ていたので知ってましたが、

この車は始めて見ました

ピットから出る時にエンストし、その後白い煙がモクモク上がっていたので

”あ~、右京さん、やっちまったか!?”と心配しましたが、

無事走ってたので大丈夫だったようです(笑)

   

Img_2444_2
セリカ GT-FOUR ST185 WRC
ドライバー:藤本吉郎

こちらはWRC(World Rally Championship:世界ラリー選手権)仕様のセリカ。

ラリーカーが走るのを始めて目の前にしましたが、

やはりサーキット内を走るマシンと比べると、随分サスが柔らかいですね。

発車時の急加速で、フロント部分が浮き上がってます。

まぁ、このぐらいじゃないと、

ラリーカーが走る”悪路”は走破出来ないんでしょうけど

   

Img_2492_2

Img_2506_2
カストロール トムス スープラ JGTC(1997)
ドライバー:関谷正徳

うう~ん、懐かしいカストロール トムス スープラ!

この頃はリアウイングが二枚羽でも良かったんですよね~

NSXとかすんごい複雑なウイングで大好きですた

   

Img_2591_2
LEXUS LF-A ニュルブルクリンク24時間レース参戦車
ドライバー:木下隆之

出ました!! トヨタ初のスーパー・スポーツ『LF-A』!!

先日の東京モーターショーで、遂に市販仕様車が正式発表されましたね。
(↑についても、後日記事になるかな???)

名前は『LEXUS LFA』。

世界500台限定で、価格はなんと! 3,750万円以上!!

・・・年末ジャンボが当っても躊躇(ためら)う値段設定ですね

つーか普通に家が建つ(笑)

しかし、自然吸気V型10気筒エンジンが奏でる音はかなりの心地良さ・・・

これはホレますわ

音からしてかなりの高回転エンジンなのではないかと思われます。

   

Img_2359_2
TOYOTA 7
ドライバー:見崎清志

Img_2279_2
F3 2007マカオGP優勝車(オリバー・ジャービス ドライブ)
ドライバー:国本雄資

Img_2327_2
フォーミュラ ニッポン FN09(2009) TOYOTA テストカー
ドライバー:立川祐路

Img_2535_2
ENEOS SC430 SUPER GT 2009
ドライバー:伊藤大輔

   

冒頭で”トヨタは好きくない”みたいな事を書きましたが、

それはそれ、イベントが始まってしまえば、

心から楽しんでいるパパがそこに居るのでした(笑)

いやぁ、もうね、レーシングカーを目の前にしてしまうと、

トヨタとか日産とか、そんな小さい事はどっかに行ってしまう訳ですよ。

特に、2000GTが走っている姿を見れたのは、

本当に嬉しくってテンション上がりました~

   

ひょんな事から始まった、今回の『DDDL』参加。

トヨタにはそんな興味ないし、その日は仕事だしで、

元々参加できるような状況じゃなかったのですが・・・

ホント、人生って何があるか分からないモノですね(笑)

皆さんもどこかにお出かけの際には、

職場や学校、家族等、周りの人にささやかなお土産を買って行きましょう。

もしかしたら、思いがけないお返しが頂けるかもしれませんよ~(笑)

   

ブログランキング参加中↓面白かったらポツッとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

『波乱のGT最終戦! ~番外篇~』

GT500ではカルソニックGT-Rが優勝し、

ザナヴィ・ニスモGT-Rが年間チャンピオンに輝き、

GT300クラスでもMOLA レオパレスZがタイトルを奪取するなど、

まさに日産づくしだったスーパーGT最終戦富士。

今日はその番外編をお届けいたしま~す

スーパーGT開催時は、メインスタンド裏のイベントブースに

様々なレーシングマシンや改造車等が飾られているのですが、

今回はパパ的にと~っても気になる1台が飾られてました

そいつがこちら↓

Img_2234_2_2

Img_2229_2_2

そうです!欧州シビックTYPE-Rです!!

むひょ~、無茶苦茶かっちょいい~!!

かっこよすぎる~~~!!!!!!!

Img_0206_2_2

Img_0204_2_2

ちなみにこちらが日本仕様のシビックTYPE-R。

日本仕様のシビックTYPE-Rはハッチバックじゃないし

のっぺりしていてカッコワルイし、
(日本のシビックTYPE-Rが好きな方にはゴメンナサイ
 あくまでどんぐりパパの個人的な意見です

パパ的にはこんなのシビックTYPE-Rじゃね~ 

って感じなのですが、欧州シビックは今まで通りハッチバックだし

フロントビューもリアビューもスタイリッシュでかっこいい!!

Img_2236_2
欧州シビックTYPE-R

う~ん、この塊感がたまりませんなぁ

やっぱりシビックはこうでなきゃっ!!

製造はパパの元愛車、EP-3と同じホンダ・オブ・ザ・ユーケー。

ホンダの車ですが、イギリスからの輸入車という形になります。

Img_2237_2

内装も黒を基調にしていてカッコイイ!!

最近流行のスターターボタンも付いているみたいですね

しかし、あんまりにもカッコイイので、

このまま乗って帰りた~いって本気で思いましたよ

以前からパパは、ホンダは一刻も早く欧州シビックTYPE-Rを

輸入販売するべきだと、勝手に主張してきましたが、

いよいよその時が近づいて来たのかもしれませんね~

うう~、年末ジャンボを当てて、購入資金を作っておかねば(笑)

Img_2238_2_2

ニスモブースの前には去年までのマシン、

『ザナヴィ・ニスモZ』が飾ってありました

今年から日産のマシンはGT-Rに代わりましたが、

この『Z』もかっこ良かったですよね

Img_2240_2_2

横浜タイヤのブース前には、

映画『スピードレーサー』のマシンが飾ってありました。

『マッハGoGoGo』の『マッハ号』と言った方が

分かりやすいかもしれませんね

と言ってもパパは『マッハGoGoGo』を見たことがありません

ちょうどおじいちゃんぐらいの世代が見ていたアニメですよね。

今回のイベントブースにも沢山の車が飾ってありましたが、

やっぱりパパ的に一番かっこよかったのは欧州シビックTYPE-R!!!

日本の公道を欧州シビックTYPE-Rが走る姿を、

今か今かと待ち望んでおります

ホンダさん、本当によろしくお願いしま~す(-人-)

お・ま・け

昨日の記事で少しだけ『VOCALOID2』シリーズの事を紹介しましたが、

音声合成DTMソフトと言われてもなんのこっちゃって方も多いと思います。

ぶっちゃけていっちゃえば、パソコンのソフトが、

人間の代わりに歌ってくれちゃうという優れものです。
(元々の声は声優さんの声ですが)

実際に『VOCALOID2』で作られた幾つかの曲を↓に貼り付けておきますので、

興味のある方は聞いてみてください

しかし家庭用のパソコンのソフトだけでココまで表現出来るとは・・・

スゴイ時代になってきましたね・・・

『みくみくにしてあげる♪』
『初音ミク』発売直後から絶大なる人気を博した伝説の1曲。
初音ミク伝説はこの曲から始まったといっても過言ではない?

『メルト』
パパのオススメ

『Ievan Polkka(イエヴァン・ポルッカ)』
元々はフィンランドの民謡らしい。
何を言っているのかさっぱり分からないが、聞くたびに癖になる1曲。

 

ブログランキング参加中↓欧州シビック大好きなあなたもポツっとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

『波乱のGT最終戦! ~GT300篇~』

前回の記事でGT500クラスの模様はお届けしましたので、

今回はGT300クラスのお話~

GT300クラスはGT500クラスよりタイトル争いが熾烈で、

とにかくライバルより先にゴールすれば勝てる!と言う状況。

GT500以上に目の離せない展開になるのは必死です!!

そんな過酷なGT300クラスですが、

今回パパはタイトル争いよりも注目していた事がありました。

それは突如スーパーGTに参戦してきた『レーシング痛車』の存在です。

皆さんは『痛車』と言う言葉をお聞きになった事がありますでしょうか?

漫画やアニメ、ゲームキャラクターなどのステッカーをでっかく貼り付け、

公道を走るちょっぴり(かなり?)恥ずかしい車の事です

その姿が『痛い車』という自嘲の意味をこめて、『痛車』と名付けられました。

その『痛車』がスーパーGTに殴り込みをかけて来たと聞き、

パパは以前から興味津々。

今回はその姿をきっちり写真の納めてやろうと気合満々です

そしてついに、『レーシング痛車』がやってまいりましたよ~

それが、こいつだぁ!

1・2・3・・・

Img_2112_2
出ました!初音ミクカラーの『初音ミク Studie GLAD BMW Z4』!!

BMWのZ4に初音ミクのカラーリングというギャップがたまりませんなぁ

ちなみに『初音ミク』とは、昨年クリプトンから発売された音声合成DTMソフト、

『VOCALOID2』の『キャラクター・ボーカル・シリーズ』第1弾のキャラクター。

その可愛さと、『初音ミク』で作成された楽曲がニコニコ動画等に

次々に投稿された事により、一気にブレイクしたキャラクターです

Img_2086_2

ボンネットとサイドにでっかく初音ミクが描かれてますね~

初めはもっとひかえめのデザインだったそうですが、

どうせやるなら『徹底的な痛車』にしようと、現在のデザインになったそうです。

並々ならぬスタッフの情熱が伺えますね

こういう『どうせやるなら徹底的にバカに』的な考え、パパは大好きです

『初音ミク Z4』のスタッフの皆さん、グッジョブ

さて、前回の第8戦オートポリスまでは『レーシング痛車』は

『初音ミク Studie GLAD BMW Z4』だけだったのですが、

どういう訳か今回、チャンピオン争いをしている『MOLA レオパレスZ』が

急遽『レーシング痛車』仕様にして登場!!

Img_2221_2
↑突如痛車仕様になって登場したMOLA レオパレスZ

しかも『初音ミク』の妹分、『鏡音リン・レン』カラー。

こちらも『初音ミク Z4』に負けじとボンネットとサイドにドデカク

鏡音リンとレンのイラストが描かれています。

冠スポンサーのレオパレス21より目立ってて、

これ大丈夫なのかなぁ~と素人ながらに心配

しかしチャンピオン争いをしているマシンが、

最終戦に『痛車』として出場するなんて、中々思い切った事をしますね~

Img_2263_2
『MOLA レオパレスZ』はレースクイーンも鏡音リンのコスプレ。

Img_2264_2
↑11月に鏡音リンのコスプレはちょっと寒そう(^^;)

本当に気合入ってるなぁ

まぁレースクイーンの衣装はどこも似たり寄ったりなので、
(興味が無いからそう見えるだけかな?

こういうコスプレも新鮮でいいかもしれませんね。

『MOLA レオパレスZ』のレースクイーンが鏡音リンのコスプレなら、

『初音ミク Z4』のレースクイーンは初音ミクのコスプレか?と思い、

グリッド上を探したのですが、どうやらピットスタートだったらしく、

『初音ミク Z4』のレースクイーンは見る事ができませんでした。

もし初音ミクのコスプレだったら・・・、見てみたかったかも

ちなみに『初音ミク』と『鏡音リン・レン』は、

イラストレーターのKEIさんがデザインしたキャラクター。

KEIさんの公式HPでイラストを見ることもできますので、

興味がある方は是非ご覧になって下さい

KEI画廊 ⇒ http://www.kei-garou.net/

     KEI画廊

話をクルリンパとかえて、GT300クラスのチャンピオン争いは、

『ARTA Garaiya』と『MOLA レオパレスZ』の一騎打ちの様相。

Img_2266_2
↑ポイントリーダーのARTA Garaiya

Img_2269_2
↑2ポイント差で追いかける『MOLA レオパレスZ』

2台の争いは序盤から白熱!

なんとしても『ARTA Garaiya』の前でゴールしたい『レオパレスZ』は

スタート直後から猛プッシュ!!

しかし『MOLA レオパレスZ』が序盤でスッテンコロリンしたり、

中盤で『レオパレスZ』と『ARTA Garaiya』が絡むクラッシュがあったりで、

2台の順位はめまぐるしく入れ替わり、もう混乱状態!!

Img_2311_2
↑中盤のクラッシュで、痛々しい姿になってしまった『ARTA Garaiya』

ようやく順位が落ち着いて、このままの順位でゴールすれば

『ARTA Garaiya』が年間チャンピオンに輝くと思われた最終週、

『MOLA レオパレスZ』の前を走っていた『ダイシン ADVAN Z』が、

突如スローダウンし『レオパレスZ』と順位を入れ替えそのままゴール。

1ポイント差で『レオパレスZ』が年間チャンピオンに輝きました!!

Img_2210_2
↑見事年間チャンピオンに輝いた 『MOLA レオパレスZ』。
  『鏡音リン・レン』カラーにしたおかげ??

しかし『ARTA』は『ダイシン ADVAN Z』がワザと順位を操作したとして猛抗議。

ちょっぴりすっきりしない大波乱のレースとなりました

(11月19日現在、ARTAの抗議によりGT300クラスの順位は審議中で、
 いまだ順位が最終確定されていません。
 
ココからはパパの予想になりますが、多分ARTAの抗議は却下され、
 
『レオパレスZ』がそのまま年間チャンピオンになるとものと思われます)

GT500クラス以上に見所の多かったGT300クラス。

とても面白いレースだったし、初めて見た『痛車』も興味深かったですが、

あんまり『痛車』が増えすぎるのもアレですので、

今回の2台くらいがちょうどいいかなぁ~と思ったパパなのでした

Img_2413_2

今回のレースで2008年のスーパーGTも全て終了。

ドライバー並びにスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でしたm(_ _)m

また来年も楽しいレースをお願い致しま~す

 

ブログランキング参加中↓面白かったらポツっとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

『波乱のGT最終戦! ~GT500篇~』

今年も去年に引き続き、スーパーGT最終戦を観に行ってきました~

で、今日はGT500クラスについてのお話~

昨年は最終戦前に既にチャンピオンが決まっている状況でしたが、

今年はランキング1位のザナヴィ・ニスモGT-Rがかなり有利なものの、

まだまだ他のマシンにもチャンスがある中での最終戦。

しかもザナヴィはウェイトハンデが80Kgとキツ~イ状態なので、

ポイント差は大きいとはいえ気が抜けませ~ん

Img_2160_2
↑現在ランキングトップのザナヴィ・ニスモGT-R

Img_2176_2
↑追いかけるペトロナスSC430。でも優勝が絶対条件!!

大体チャンピオンがかかったレースと言うのは、

レーサー達の感情が剥き出しで、思いがけない展開になる事が多いもの。

先日のF1最終戦も信じられないような結末でしたからね~!

今回のGT最終戦も目が離せなくなること必至です

当日は朝8時頃にサーキットに到着。

でも皆さん早起きですね~、既にサーキットには結構な人が・・・

おじいちゃんの知り合いは朝の3時起きでこられたそうで、

皆様の熱意にはまったくもって感服です

座る所が無くなったらまずいっ!と言う事で、

パパだけちょっぴり急いでグランドスタンドへ席取りにGO!

いつもなら屋根の無い1階席に座るのですが、

今回はパパの気まぐれで屋根のある2階席に座ってみました。

天気予報では終日くもりと言う事でしたので、この時雨の心配はしてません。

本当にまったく理由は無く、完全なるパパのきまぐれで~す

朝のうちに少し雨が降ったようで、到着した時は席が少し濡れてましたが、

その後は予報通りのくもりでしたので、

フリー走行やサポートレースなどのお陰で、コースは完全にドライ。

スタート前にグリッドに着いた各車もスリックタイヤ(晴れ用)を選択し、

このままドライ状態でレースが行われるものと思われました。

しかし、しかし、しか~し!!!

レース開始直前に突然の雨!!

乾いていた路面があっという間にウェット状態へ!!!

各車グリッド上で慌ててウェットタイヤ(雨用)に履き替えます

いや~、いきなりの雨には本当にビックリ!

たまたまですが屋根のある2階席で観戦してて大正解でした

つーか天気予報って当てにならないものですね~

スタート前に雨は止んだものの、

路面は完全にウェット状態でのスタートとなりました

しかし既に雨は止んでいたので、走るたびにどんどん路面が乾いていきます。

どのチームもどのタイミングでドライタイヤに換えるのか、

とっても難しい選択が迫られる状況になってきました

レース開始から2~3周目辺りから各車が一斉にドライに換えてきて、

ピットは一時騒然に!!

そんな混乱の中抜け出したのは、初めからドライタイヤでスタートした

デンソー・サードSC430とカルソニックGT-R!!

Img_2135_2
↑パパが大好きなカルソニックGT-R!

来ました、来ました、来ましたよ~!!

パパの大好きなカルソニックが、予選12番手からまくってきました~

ドライタイヤでスタートすると言う博打は大当たり!!

そのままの勢いでカルソニックはデンソー・サードも抜き去り、

一気に1位へポジションアップ!!!

もうパパのテンションは一気に急上昇ですよ~

レース中盤になると、またまた雨が降ってきて、タイヤチョイスが難しい状況に。

おかげで順位がまたまた大混乱!!

Img_2377_2

Img_2363_2

Img_2381_2
↑各車の巻き上げる水しぶきが、雨の強さを物語ってますね

しかしそんな混乱を実に見事な戦略ですり抜け、

カルソニックGT-Rがそのままトップチェッカー!

Img_2393_2

チームクルーが掲げてるサインボードの

P1(ポジション1)』の文字が眩しいですね

Img_2404_2

カルソニックが1位になった事と、自身が9位に入ったことにより、

ザナヴィ・ニスモGT-Rが見事年間チャンピオンの座に輝きました

Img_2404_2_2

トレルイエ選手が掲げるサインボードには『CHAMPIONS』の文字が。

ニスモは特別にこんな物まで用意してたんですね

ここではニスモのチームクルーの言葉を借りましょう。

『おかえりなさい。チャンピオン!』

GT-Rに始まり、GT-Rに終わった2008年スーパーGT。

ライバル達がこのままやられっぱなしで黙っている訳がありません!

来年も混戦のスーパーGTから目が離せませんね!!

次回の記事では、さらに混乱したGT300クラスの模様をお届けします

お楽しみに~

ブログランキング参加中↓面白かったらポツっとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

『疾走!富士スピードウェイ ~後編~』

Img_9829_2

さぁ、いよいよ体験走行のはじまりはじまり~

って事で、コントロールセンター前にやって来ました~

そらもケージに入って、準備万端です

Img_9835
”ボクはもういつでもOKだよ~

それではさっそく行ってみましょう

Fsw

こちらがFSWメインコースの全体図。

今日はF1も走るこのコースを走っちゃいますよ~

Img_9840

まずはピットレーンを走行。

このピットレーンも実際に走ってみると結構広いんですよ~

青いラインの右側だけでも2車線ぐらいとれそうな幅があります。

Img_9846_2

いよいよピットレーンからコースインで~す

Img_9848

そして1コーナーへ進入~

パパは改装前のFSWをスポーツ走行した時、

この1コーナーに突っ込んだ事があります

さすがに200km出ると、ブレーキ踏んでも全然止まりませんね

教訓:”車は急に止まれない”

みなさんも気を付けて下さいね

Img_9852

1コーナーを抜けると、下りながら2コーナーへ。

写真じゃ分かりにくいですが、結構下ってます。

そしてその後コカ・コーラコーナーに入るのですが・・・

Img_9857

このコカ・コーラコーナーが意外とキツイ

そらも乗ってるのでスピードを落として曲がったのですが、

それでもかなりの横Gがかかってしまいました

Img_9861

その後少し登りながら100Rを抜け、ヘアピンへ。

ヘアピン入り口で少し下ってるので、

この位置からだと先導車が頭しか見えませんね。

Img_9870_2 

ヘアピンを立ち上がり、300Rを下りながら加速し、

一番スピードが落ちるダンロップコーナーへ。

ココから先は登りながらキツイコーナーが続くので、

ゆっくり走っても横Gが厳しいです

Img_9884

こちらはネッツコーナーを抜けて最終コーナーへ向かうところですが、

かなりの勾配を登りながら曲がりくねってるのが分かりますでしょうか。

改修前のFSWと違って、ここら辺は本当に難しいコーナーになりましたね

Img_9891

最終コーナーを抜けると、富士の名物、1.5kmのストレートが現れます

この日は体験走行だったのですが、それでも150kmぐらい出ました!

先導車ちょっとペース速いんでないの?

Img_9895

スーパーGTの時は満員になるメインスタンドも今日はガラガラ。

誰もいないってのも気持ちいいものですね

Img_9899

ストレートを抜けたらまた1コーナーへ~

って事で、体験走行の模様を写真付きでお送りしました~

ちなみにパパはシビックの運転をしておりましたので、

走行中の写真は全ておじいちゃんによるものです。

じいちゃん、協力サンキュー

改装後のFSWは、以前とまったく違うサーキットに変わっていて、

特に後半はかなり難しくなってますね。

でも、相棒シビックとのサーキット走行はとっても楽しく、

最後のいい思い出となりました

これでもう思い残す事はありません。

今までありがとう!シビック!!!

Img_9929_2 
”ボクからもありがとうワン♪”

PS.

本日(7月2日)、パパの相棒シビックは、新しい主を求めて旅立ちました。

今まで本当にたくさんの思い出をありがとう

そしてさようなら、シビック

Img_0206_2

 

ブログランキング参加中↓面白かったらポツっとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

『疾走!富士スピードウェイ ~前編~』

Img_9827

パパの愛車、『HONDA OF THE UK CIVIC TYPE-R(EP3)』。

かわいい見掛けのくせにケッコウ速くて、

小さいボディのくせになかなかに小回りが効かない、

とってもかわいいパパの相棒・・・・・・なのですが、

諸事情により、この度、名残惜しくも手放す事になりました

パパとママの思い出がたっぷり詰まったシビック。

手放すのは本当にさびしいです・・・

『サーキットが本籍地』がモットーの『TYPE-R』ですから、

お別れの前に”もう一度シビックでサーキットを走ろうっ!!”

っと言う訳で、先日富士スピードウェイ(FSW)に行ってきました~

Img_9999_2

サーキットを走ると言っても、

スポーツ走行に必要なライセンスを持っていませんので、

今回は先導車の後ろに付いてサーキットを3周ほどする、

『体験走行』というものに参加してきました

先導車を抜いてはいけないので、速度はそんなに出せません。

なので、同乗者がいても全然OK!

って事でママとおじいちゃん、そしてそらも一緒に参加で~す

Img_9835
”今日はボクもケージに入ってサーキットを走りま~す♪”

この『そら専用4点式シートベルト』も、もう直ぐ見納めですねぇ

この日はFSWのカレンダーに体験走行以外書かれていなかったので、

なんの車も走ってないだろうから、サーキットが初めてのそらも安心だね!

な~んて思ってたのですが、いざFSWに入場してみると、

爆音を響かせて走ってる車があるじゃありませんか!

と言う訳で、早速シビックをメインスタンド裏に停め、

見学に行ってみました~

Img_9651_2

しかし、うちのシビックしか停まってないメインスタンド裏ってのも

なかなかにおつですな

Img_9652

こちらはフォーミュラ・チャレンジというカテゴリーのマシン。

う~ん、何にも走ってないと思って

望遠レンズ持ってこなかったのは失敗でした~

ちっちゃくしか写せない~

Img_9713

上はポルシェカレラカップ仕様のポルシェ。

下はシビックワンメイクレース仕様の現行シビックTYPE-Rです。

パパ的にはハッチバックじゃない現行のシビックは、

シビックっぽくなくて好きじゃないです。

阿藤快風に言えば、”なんだかなぁ”って感じですね(笑)

欧州仕様のハッチバックシビックTYPE-Rの方が好きです

今度台数限定で輸入されるらしいので、

欧州シビックTYPE-R好きの皆さんは要チェックですよ~!!

Img_9725

こちらはヴィッツレースのヴィッツ。

ナンバー付きですので、レースに出た後そのまま乗って帰れちゃいます

各車レースに向けての練習走行を行っていたらしく、

パパの予想に反してFSWは爆音に包まれていました

はじめて聞くレーシングマシンの爆音に、

そらがビビッてしまわないかと心配でしたが・・・

Img_9660
”ボク全然平気だよ♪”

思いの外大丈夫だったみたいです

むしろレーシングマシンの咆哮にテンションが上がってしまったようで、

FSW内を大疾走してました

Img_9658

Img_9935
”ムッホホーイ

ぬはは、楽しそうだねぇ、そら君

初めてのサーキット、どうなる事かと思ったけど、

特に問題なくってよかったよかった

な~んて安心してそらとおじいちゃんを見ていたら、なんと!

途中でおじいちゃんがリードをワザと手放してそらがフリー状態に!!

Img_9945
”ひゃっほーい”

ゴルァッ!!なにしてくれてんのじゃ~

リード放したら、そらが明後日の方向に行ってしまうじゃろがいっ!!

そらがそのままママのところに走っていったからよかったものの、

まったくじいちゃんには困ったものです

Img_9946

こちらはそらが一人で疾走中に撮れた不思議な写真。

あれ、そらが3本足になってる???

4本目の足はどこに隠れちゃったのでしょうか???

見れば見るほど、『ムムム?』なしゃしんです

Img_9963

いっぱい走ったら落ち着いたのか、そらも一緒に1コーナーで見学中。

結構熱心に見てましたよ~

どう、そら、見てておもしろい?

Img_9968_2
”う~ん、ボクは走るの見てるより、自分で走ったほうが楽しいかな”

そうだね、走ってる時のそらはホント楽しそうだもんね~

さぁ、そろそろ体験走行の時間が迫ってまいりましたので、

集合場所のコントロールセンター前へ向かいましょう

シビック最後のサーキット走行の模様は、また次回の記事で~

 

ブログランキング参加中↓面白かったらポツっとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧