« 『国立音ノ木坂学院公用車、発進!』 | トップページ | 『雪が降ろうがラブライブ♪』 »

2014年2月25日 (火)

『痛車降って、地固まる』

2014年も1ヶ月が過ぎようかと言う1月下旬、

パパ宛にこんなメールが届いた。

■題名:商談権獲得のお知らせ

・・・やべぇ、なんか題名からして

すっげぇ詐欺メールっぽいんですけどcoldsweats01

開くの止めよかな・・・

■本文
  どんぐりパパ様
  おめでとうございます
    (中略)
  どんぐりパパ様がXXXの商談権を獲得されましたので、お知らせいたします。

何だこの詐欺メールのテンプレートみないな文面は!

今時こんなストレートな詐欺メールがあるんだろうか?coldsweats02

いや、逆にこれは『こんなストレートな詐欺メール無いだろう』と油断させる

新手の詐欺メールなのかもしれない。

よし、一旦無視しよう!!

・・・と思ったものの、差出人と商談権を獲得したという商品が気になった。

差出人が東京トヨペットで、商品がトヨタ86だったのだ。

商談権が必要な86なんて、例のあの車しかない。

そしてパパが応募したのを知っているのは東京トヨペットだけだ。

それに「電話連絡してもいい時間を教えてほしい」とは書いてあるものの、

「電話番号を教えてほしい」とは書いていなかった。

これは既にパパの情報を知っていると言う事に他ならない。

って事は、これはトヨペットからの本物メール???

しかし、前の当選者が辞退したらしいから仕方ないんだけど、

今頃になって連絡されても・・・coldsweats01

12月18日の抽選で当たらなかった時点で

パパの中では終った事になってるから、

正直嬉しさより戸惑いの方が強いっすわtyphoon

う~ん、どうしたもんかなぁって考えてても何も始まらないので、

取り敢えず連絡OKな時間を伝えてみた。
(時間だけなら教えた所で害はないもんね)

すると翌日、指定した時間に

東京トヨペットのスタッフを名乗る人から電話が入った。

取り敢えず現車を見てみ無い事には嘘か真か分らないので、

「前向きに考えています」と伝え、話を次のステップに進めてみる。

電話後届いたメールには、担当店舗と担当者の情報が。

早速検索。

ふむふむ、確かに実在する店舗でした。電話番号も合っている。

・・・ムムム、段々信憑性が上がってきたなぁ。

これ、もしかしてマジであれしちゃったんじゃないの???

うひゃ~っ!!マジかよ、ヤベェ!!

激うれ、にこにこ丸だよヽ(´∀`*)ノ

って、まてまてまて!まだ喜ぶのは早い!!

まだ詐欺メールの可能性が無くなった訳じゃないし、

購入前に超えなきゃいけない事が山程ある。

そして何よりも難しいのが、家族の説得だ。

ラブライブの公式痛車に乗ってみたいのはパパのエゴ。

しかし、それに付き合わされる家族の事を考えると、心が痛む。

我が家は実家の父と母の車、そしてうちのキューブの3台を使い、

何時でも不自由なく車が使える様に回している関係上、

もしパパが痛車を購入すると、痛車に両親がのる可能性もあるのだ。

アニメの絵が全面に描かれている車に乗せられるなんて、

両親からしてみたら屈辱以外の何物でもないかもしれない・・・。

だからまずは家族の意見を聴いてみる事にした。

その上で「恥ずかしいから止めて欲しい」と言う結論に達したなら

今回は諦めようと。

早速家族に緊急招集をかけ、概略を話し、

ラブライブ公式痛車の写真を見せると・・・

『はいはい、ありえないありえない。解散解さーん』と、

ものの5分で会議は終了してしまった・・・(実話)。

反対されるのは覚悟していたけれど、まさかこれ程とは・・・

それはもう好き嫌い以前の問題で、正に『拒絶』だった。

一般人の痛車に対する理解がこんなにも無いなんて、

思いもしなかった・・・

こんだけハッキリと”NO”を突き付けられたならしょうがない。

今回はキッパリとあきらめ・・・・・・・・・・

られるかーーーーい!!

むっしろあったま来た!!(*`ω´)

いくら自分の趣味じゃないからと言って、

相手に対して少しもリスペクトせずに、話を全く聞かないなんて、

いくら家族でも許せない!!

『親しき仲にも礼儀あり』、せめて相手の話位しっかり聞こうよっ!!

このままじゃ流石に納得がいかなかったので、

再度家族を招集。

せつせつとパパのラブライブ公式痛車への想いをぶつけた。

それでも一向に理解しようとしない父とは怒鳴り合う事も。

話し合いは3日3晩に及びました。

その内、話の内容は車だけではなく、

家族のこれからについての話になっていきました。

父の想い、母の想い、ママの想い、それぞれの想いを忌憚なく話し合いました。

それは正に家族会議と呼ぶべき物で、

こんなにお互いの気持ちをぶつけ合えたのは初めてかもしれません。

今回の家族会議を通し、家族の絆をより一層深める事が出来ました。

初めは家族と喧嘩するくらいなら、

痛車購入権なんて当たらなければ良かったと思ったことも。

そうすればこんなに悩むことも無かったのにと

でも今は、車の購入如何に関わらず、

本当に当たって良かったと思っています。

家族を見つめ直す素晴らしい機会を与えてくれた事を、感謝しています。

有り難う、東京トヨペット。

こうしてどんぐり一家は益々仲良くなって行きましたとさ

ちゅんちゅんchick

って肝心の痛車購入の話しはどうなったんじゃーい!!

結論から言いますと

”GO”です!!

家族全員、納得の上でのGOサインがでました。

後はパパの決断次第。

正直まだ迷ってる部分もあるのですが、

まずは実車を確認してから決めたいと思います。

果たしてパパはどんな結論にいたるのか!?

次回をお楽しみに~《*≧∀≦》

|

« 『国立音ノ木坂学院公用車、発進!』 | トップページ | 『雪が降ろうがラブライブ♪』 »

ラブライブ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161901/55107302

この記事へのトラックバック一覧です: 『痛車降って、地固まる』:

« 『国立音ノ木坂学院公用車、発進!』 | トップページ | 『雪が降ろうがラブライブ♪』 »