« 『2.22 第3新東京市上映会に行って来ました!』 | トップページ | 『潜入!! EVA2.22' 第3新東京市上映会:破』 »

2010年5月10日 (月)

『潜入!! EVA2.22' 第3新東京市上映会:序』

今年のゴールデンウィーク最終日、5月9日は、待ちに待った

『【ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 NOGUCHI ver.】

 第3新東京市上映会』(長い)に参加する日ーー

って事で~、元気いっぱい第3新東京市に出掛けて来ましたよ~

   

ココでヱヴァにあまり詳しくない方の為に、今回の上映会の趣旨をご説明

まず、皆さんは『ヱヴァンゲリヲン』ってアニメをご存じでしょうか?

元々は1995年にTV放映された『新世紀エヴァンゲリオン』が事の始まり

当時高校生だったパパは、リアルタイムでそれはもう大ハマりしました

毎週ビデオに録画して何度も繰り返して観る程のハマり具合

オープニングの高速で切り替わるカット割りは、当時とても斬新だったし、
(しかも、結構重要なコマも多数有り。何度もコマ送りしました

主人公のシンジ君に、”そうやって、人の顔色ばかり気にしているからよ”

吐き捨てるミサトさんとか、『機動戦士ガンダム』でアムロを殴った後、

”殴って何が悪いか!”と開き直るブライトさん以来の衝撃でした(笑)

当時から結構話題になってて、謎が謎を呼ぶストーリー展開が多くの人を魅了。

しかし、全26話の最終2話、25話と26話でアノ事件が起きたのです

24話までは、基本的に現実世界の話で進めて来たのに、25話と26話は一転

登場人物の精神世界での話に終始したのです!!

今まであった事とか、自分の存在意義などを色々見つめ直し、

シンジ君自身が自分の可能性を見出して、皆に祝福される・・・

そんな感じのハッピーエンド

いきなりの方向転換は、それはそれで斬新だったし、

割と内容も好きだったので、パパ的にはコレも”アリ”かと。

ただし、初めから狙っての25、26話の展開ではなかったんだろうな・・・

とも子供ながらに思ってました(って言うほど子供じゃない(笑))。

作画が間に合わないので、仕方なく行った方向転換だろうと。

逃げ方としてはとても上手で、うまくまとめた物だと感心しましたが、

やはりね、何と言いますか、納得できない方が大勢いらっしゃいまして・・・

まぁ確かに、『謎が謎を呼ぶストーリー』が話題だったのに、

その『謎』を謎のまま放っぽってしまったのはどうかとは思いますけど。

   

そんなこんなで一悶着ありまして、

”そこまで言うなら、もう一回25、26話をちゃんと作ったるわい!!”

と始まったのが97年公開の旧劇場版

『シト新生』と『Air/まごころを、君に』の2作品。

Img_5584_2
『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH&REBIRTH シト新生』の
前売券に付いていた限定テレホンカード(1996年11月23日発売)

この映画の公開前後に深夜枠でTV版がまとめて再放送され、話題になりました

リアルタイムでは見れなかったけど、この深夜の再放送で知ったと言う人も

結構多いのではないでしょうか?
(確か、この再放送の成功後、深夜枠のアニメが定着したように思います)

んで、この『旧劇場版』2作品なんですが・・・、公開時にまた一悶着あり、

さらにストーリー重視で進んだ中盤までは良かったのですが、

締め方にちょっと難ありで、またまた賛否両論、意見真っ二つ状態に・・・

   

それから時が経って、時代は2000年代に突入。

70年代の『ヤマト』、80年代の『ガンダム』、90年代の『エヴァ』と、

アニメ界の3大ブームと呼ばれるまでになった『エヴァ』。

では00年代は?

人によっては『らきすた』とか『ハルヒ』だったり、

『けいおん』だったりするかもしれません。

しかし、社会現象にまでなった『エヴァ』と肩を並べる程、

存在感のあった作品は無かった様に思います。

そんな時に、突如として9年もの沈黙を破って発表された

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の制作発表

『序』、『破』、『急』、『完結編』の4作品からなり、
(『序破急』は雅楽の用語に由来)

『序』、『破』、『急』+『完結編』の3回に分けて公開される事に

この発表には正直燃えましたね ”またエヴァが見れるのか”

そしてこの新劇場版から、『エ』が『ヱ』に、『オ』が『ヲ』に変更され、

『ヱヴァンゲリヲン』という題名になりました
(ただし、各機体の名称は『エヴァンゲリオン○号機』になるみたいです)

そして2007年の9月に、10年ぶりのヱヴァ劇場版『序』が公開

基本的にはTV版のリメイクですが、スタッフはリビルド(再構築)を強調。

確かに基本ストーリーはTV版を踏襲する物の、

随所に渡って現代風の再構築が見て取られ、

これは只のリメイクでは無いと言うスタッフの気合いが

ビンビン伝わってきました

特に対使徒戦の再構築は秀逸

TV版では、

 ・最初によく動く第3使徒サキエル
 ・色々動きそうなデザインだけど、実際に動くのはほぼ触手のみの
  第4使徒シャムシエル
 ・完全なる正八面体。あと出てくるのはドリルだけの第5使徒ラミエル

の順に登場し、初めに良く動くサキエルが登場した事によって、

その後のシャムシエル、ラミエルと動き(作画)を減らしても、

視聴者が既に使途に生命性を感じているので不自然に見えないと言う

技法が用いられました。

で、『序』はこれを逆手にとって、

 ・TV版と殆ど変らない第4の使徒(TV版サキエル)
 ・胸の細かな足がワシャワシャと動くようになり、
  少しだけ動きの増えた第5の使徒(TV版シャムシエル)
 ・初めは馴染み深い正八面体で現われておきながら、
  攻撃時には動きが増えるどころか、
  もう理解不能な程の超絶変形をして見せた第6の使徒(TV版ラミエル)

と『動かないと思ってたもの』が『動く』というサプライズを演出したのです

ストーリーの大きな変化は無い、ただ演出を少し再構築しただけ。

たったそれだけなのですが、

比べ物にならない位の燃えシーンへと昇華した『ヤシマ作戦』

これは元々のエヴァのストーリーが、

リビルドによってもっと面白くなる可能性を秘めた素晴らしい物だったと、

逆に言う事が出来るのではないかと思います

   

そして『序』の公開から約2年、2009年6月に遂に公開された『新劇場版:破』

割とTV版に忠実なストーリー展開で、

リビルド(再構築)に徹底した『序』とは打って変わり、

公開前から”今までのヱヴァを破壊する”と明言されていた『破』。

どんなもんやと観てみたら・・・

もうね、コレ面白すぎっ!

本当におお~きな枠組みで見ればTV版と同じ様な流れではあるのですが、

色んな要素が追加されたり変更されたりで、上映中はずっと興奮しっぱなし

TV版や旧劇場版での軟弱シンジ君を知っている私達からすると、

クライマックスの熱血シンジ君は、もう涙無しでは語れません

音楽も神懸かってましたし、これだけ『破』にストーリーを壊された後だと、

続編ではどうやっても新ストーリーにせざるを得ないでしょうから、

もう今から続編が楽しみでわっくわくが止まらない状態です

また、『破』終了後の次回予告が気になるシーン満載過ぎて夜も眠れない

しかも次回作の副題が『Q』って

『序破急』で来ると思ってたから、最初『Q』の意味が分からなくてポカーン

落ち着いて考えてみると、ああ、『急』も『Q』も『キュー』かと

マジで映画館でひっくり返りそうになりましたよ(笑)

でもね、確信しました ”やっぱり00年代もヱヴァだったな”

コレ程面白い作品、もう当分出てこないでしょうねぇ・・・

   

それ程までに面白く、熱い『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のBlu-ray&DVDが、

追加シーンや修正シーンを引っ下げ、『2.22』ヴァージョンとして

今月26日に遂に発売されちゃうので~す(劇場公開時は『2.0』)。

前置きが物凄く長くなってしまいましたが、その『2.22』の発売を記念して、

ヱヴァの舞台である第3新東京市(現在の箱根町仙石原付近)にて、

一足早く『2.22』の上映会を開いちゃおうってのが今回の趣旨になります

しかもただ上映会をやるだけじゃ詰まらないってんで、

劇場公開時の『2.0』とも、Blu-ray&DVDの『2.22』とも違う

今回だけの特別ヴァージョン、『2.22 NOGUCHI ver.』をわざわざ用意

会場は廃校になった『仙石原中学校』の校舎及び体育館を拝借

シンジやレイ、アスカが通う

『第3新東京市立第壱中学校』の生徒になった気分で

体育館でみんな仲良く鑑賞しちゃおうっていう、

まるで中高時代の学際の様な雰囲気の漂う今回の企画。

なんだかほのぼのしたいいイベントになりそうだし、会場の箱根も近いので、

”よっしゃ、参加してみるかっ!!”と相成った訳でありんす

   

なんだか長々と書き綴ってしまいましたが、

今回の上映会の趣旨と『ヱヴァ』とはどんなアニメなのか、

少しでも伝われば幸いです

次回はいよいよ『2.22 NOGUCHI ver.』上映会に潜入しちゃいますよ~

『2.22 NOGUCHI ver.』の内容については前回の記事を見て頂くとして、

当日の上映会の様子などをお伝えしていきたいと思います

それでは皆さん、次回の記事をお楽しみに~

Img_6419_2

   

次回予告

出撃するバス仮設5号車

配属される『エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ』とそのレースクイーン

消滅する『ネルフ本部支給食鯛飯弁当』

強行される『今日の日はさようなら』の合唱実験

そして、支給されるおしりの痛みを一切和らげない『NERVクッション』

次第に痺れて行くどんぐりパパの足は、果たして上映終了までもつのか

次回、『潜入!! EVA2.22' 第3新東京市上映会:破』

さぁ~て、この次も~、サービスサービスゥ~

   

ブログランキング参加中↓面白かったらポツッとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

|

« 『2.22 第3新東京市上映会に行って来ました!』 | トップページ | 『潜入!! EVA2.22' 第3新東京市上映会:破』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『2.22 第3新東京市上映会に行って来ました!』 | トップページ | 『潜入!! EVA2.22' 第3新東京市上映会:破』 »