« 『ガンダム大地に立つ!!』 | トップページ | 『らぷたん、飛来 [破] 』 »

2009年9月18日 (金)

『らぷたん、飛来 [序] 』

Img_2006_2

こちらは『航空情報』という航空機雑誌の1997年07月号。

この頃パパは大学生だったわけですが、

以前から大変興味のあったアメリカの最新鋭ステルス戦闘機『F-22』、

通称『ラプター』(以下らぷたん)の特集が組まれており、

この特集によってよりらぷたんに興味を持つようになったのでした

Img_2009_2

当時はまだそれ程軍事・政治共にあまり詳しく無かったので、

(F-4やF-15等の当時の最新鋭機が自衛隊に採用されていたのを踏まえて)

いつか自衛隊機『F-22J』を見る事が出来るだろうと思いを馳せておりました

   

それから十数年。

アメリカ空軍での配備も進み、

アメリカのエアショー等ではあまり珍しく無くなったらぷたん

しかし、余りにも機密事項が多すぎるらぷたんは、

海外への輸出が法律で禁止されており、自衛隊での採用は非常に難しい状態。
(スパイ禁止法が無い日本に対しては、特に慎重になっているかも知れません)

しかも、当初750機だった生産予定数も、徐々に徐々に減らされ、

現在では187機で生産を終了する予定(少なっ!)

余りにも高価な価格が、度々アメリカ議会の的になってしまっているのです
(と言っても、日本の『F-2』とそんなに変わらないんですけどね・・・

このままでは2011年にはらぷたんの生産ラインが閉じてしまいます。

あまり詳しくは無いのですが、こういう航空機の場合、

一度ラインが閉じてしまうと、再度開ける事はほぼ不可能との事

『F-4(ファントムⅡ)』の寿命がいっぱいいっぱいで、

時期『F-X』にらぷたんを是非とも採用したい航空自衛隊なのですが、

今のままだとらぷたん採用は絶望的と言わざるをえないでしょう・・・

   

”ああ、俺はらぷたんに会う事はできないのか・・・”

アメリカから発せられる『F-22輸出禁止』に関する記事を目にする度に、

どんぐりパパは落胆のため息をつくのでした・・・

   

確かにチャンスがまったく無いわけではありません。

アメリカのエアショーに行けば、会える確立はかなり高いでしょうし、

2007年の初飛来を機に、沖縄の嘉手納AB(Air Base)に

何度か暫定配備されていますので(2009年9月現在も展開中)、

沖縄に行けば会えるかもしれません。

しかし、らぷたんを一目見る為だけにアメリカや沖縄まで行くなんて、

万年金欠病のパパにはとてもとても・・・

結局家で指をくわえる事しか出来ないどんぐりパパなのでした

   

しかし、しかし、しか~し!!

8月21日に驚愕のニュースが舞い込んで来たのです!!

”な・・・、なにぃ、らぷたんが横田ABに飛来だとぅ!?”

   

   

毎年地元の住民との交流を目的に、横田ABにて開催される『日米友好祭』。

今年は8月22・23日が開催日だったのですが、

それに合わせて嘉手納ABに配備されているらぷたん2機が、

横田ABに飛来したというのです!!!

しかも『日米友好祭』の中で一般公開されるという

コレなんと言う奇跡!?

   

   

高校生の頃かららぷたんに思いを馳せ続けていたパパ。

ママに出会うより遙か昔からの、十数年越しの片思いの相手が、

わざわざ東京までパパの為に(?)やって来てくれたと言うのなら、

もうこれは行かない訳にはいかないでしょ~っ!!

って事で、初めての横田ABに行ってきましたよ~

   

22日は『1/1ガンダム』を見に行ったので、パパは23日の参加。

ってゆーか、2日続けて憧れの存在を目の当たりにする事ができるとは・・・

いい意味で濃ゆい週末ですな

一方のママはと言うと・・・

 ①なんぼなんでも2日連続猛暑の中での屋外行動はヤダ。
 ②車で行けない(駐車場がない)。
 ③そらが基地内に入れない。
 ④そもそも戦闘機にまったく興味が無い。
 ⑤ラプターってなに?

以上の理由により不参加決定

前日とはうって変わって、パパ一人での特攻になりました!!

22日の土曜日の同志達の書き込みより、

会場周辺は例年に無く、かなり混雑するとの事

むぅ、やはりらぷたん効果なのか。

パパの目的は『日米友好祭』ではなく、あくまで『らぷたん』。

なので、『早めに行って、らぷたん見たらスグ帰ろう』

という作戦で行く事にしました

   

開場30分前に第5ゲート前に到着。

想像以上に沢山の人がいてちょっとビックリです

Img_9197_2

軽い手荷物検査を経て、横田AB内へ~

Img_9201_2

Img_9204_2

一応敷地内はアメリカの領土って事になるんですよね~。

飛行機にも乗ってないし、パスポートも見せてないのに

アメリカに入国だなんて・・・、なんだかちょっぴり不思議

3年半ぶりのアメリカですか。 なつかしいなぁ

まったくと言って良いほど英語が通じず、凹まされたっけなぁ(笑)

んん? ちょっと待てよ。

米軍基地の敷地内がアメリカだと言うのなら、

パパの初海外は3年半前のカルフォルニアではなく、

十数年前の厚木ABになるのかな??

う~ん・・・、なんかややこしいけど、まぁどっちでもいいや(笑)

   

基地内を歩く事数分。 目の前に広がったのは、広大な滑走路!!

Img_9208_2

   

うおおおっ!!

   

こっ・・・、ここは天国ですか!?

目の前に立ち並ぶ戦闘機達に、パパはもう大興奮!!!

そう言えば米軍の戦闘機を見るのは、

1994年に行った厚木ABの航空際、『WINGS』以来ですねぇ。

Img_2011_2

あの頃は『F-14(トムキャット)』もいて、いい時代ですた・・・
(映画『トップガン』でトム・クルーズが乗ってたのが『F-14』です)

   

遠い昔を懐かしむのも程々にして、早速愛しのらぷたんに向かってGO!!

する予定だったのですが・・・

Img_9210_2

WOW! パパがアメリカの現行戦闘機の中で

らぷたんの次に好きな『F-16(ファイティング・ファルコン)』だーー!!

あぁ~、緩やかな曲線を描く、なんて綺麗な機体なんだ・・・

ブレンデッドウィングボディが美しすぎる

まさに”機能美”、ですね

Img_9227_2

普通装備品を展示する時は、ミサイル等は外しておくものなのですが、

この『F-16』にはつきっぱです

形状から察するに、『AIM-120 AMRAAM(アムラーム)』みたいですね。

練習用の模擬弾なのかな? もし本物だとしたら・・・、ゴクリ(゚Д゚;)

   

Img_9217_2

うおっ、『A-10(サンダーボルトⅡ)』!?

『A-10』と言えば、無く子も黙る最強の地上攻撃機じゃないですか!

『エリア88』でのグレッグの愛機としても有名ですよね

Img_9403_2

機首の下に付いてるのが、かの有名な『30mm GAU-8 ガトリング砲』です。

毎分3,900発発射できる能力がありますが、

装弾数が1,000発強なので、20秒弱しか正射出来ない計算ですね

対地攻撃力の高さもさる事ながら、

撃たれてもそう簡単にはやられない頑丈な造りや、

主翼後方胴体上面という特異なエンジン配置も、この機種の見所です

どっから飛んで来たのかは解りませんが、いい物を見せて頂きました(-人-)

   

Img_9226_2

こちらは空母艦載機の『F/A-18(ホーネット)』。

トムキャット無き今、艦載機の重圧を一手に担います。

『F-35C』の完成及び配備まで、頑張れっ!!

   

Img_9222_2

これは『見たことある!』と言う方も多いのではないでしょうか?

航空自衛隊の『F-15J』でお馴染みの、『F-15(イーグル)』です。

片方の主翼が落ちても帰還(!)したとの逸話もある、

第4世代最強の戦闘機(多分)。

ちなみに航空自衛隊は『F-15J』を1機撃墜された事があります。
(2009年9月現在で、『F-15』全生産機中唯一の航空機による被撃墜)

撃墜したミサイル(AIM-9)を撃ったのは、同じ航空自衛隊の『F-15J』(苦笑)

訓練中の誤発射が原因という事ですが・・・

あんまり洒落になってないですね

乗員が無事で良かった

   

Img_9231_2

おおっつ! 洋上迷彩が美しいこいつは、

航空自衛隊の『F-2』じゃないですか!!

なんで横田ABに自衛隊機がおるんじゃ!?

『日米友好祭』だから、日本の戦闘機も参加してるんでしょうかね~。

それにしても、うう~ん、『F-2』カッコイイなぁ

『F-16』を元にして設計されている為、パッと見は殆ど変わりません。
(ホントは垂直尾翼以外はまるっきり別物なんですけどね)

一番分かりやすいのは、キャノピーにフレームが1本追加され、

3分割に変更されている所でしょうか。

Img_9229_2
『F-2』のキャノピー

Img_9227_3
『F-16』のキャノピー

視界的には『F-16』のキャノピーの方が有利ですが、

『F-2』の主要ミッションが対艦攻撃のため、

洋上で低空飛行する必要が有り、

バードストライク対策にキャノピーを強化したようです。

あと、フレームがあった方がパイロットが方向を見失いにくくなるそうですよ

Img_9234_2

自衛隊機と米軍機との競演

いい物を拝ませて頂きました(-人-)

長生きはするもんだぎゃ~
(↑って言うほど長生きしてない)

   

Img_9240_2

噂をすればなんとやら。

この子が今何かと話題の空自の『F-4EJ改』です。

これがもう耐用年数限界ギリギリ!

空自としては、一刻も早く退役させたいところなのです

なにせ最初に導入されたのが1971年ですから、

もう38年も前の事です・・・

『F-4EJ改』の後継として、空自は『F-22』を導入したがっているのですが、

現状は芳しくありません

   

Img_9232_2

こちらは先ほどの『F-4EJ改』の色違い・・・、では無く、

『RF-4E』と言う偵察機・・・なんだそうです。 

こんな機体があるなんて知らんかった

   

Img_9242_2

こちらは対潜哨戒で大活躍中の『P-3C(オライオン)』。

機体後部からソノブイを打ち込み、

海中に潜んでいる潜水艦を探知するスゴイ奴なのです

全方位を海に囲まれている日本にとって、他国の潜水艦は一番の脅威。

なので、自衛隊は『P-3C』を100機も保有しているので~す!!

現在は後継機の『P-X』が、日本独自で開発中です

   

Img_9243_2

んで、『P-3C』の向こうに居るのがらぷたんですね

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・ハッ、しまった! らぷたん!!Σ(゚Д゚;

他の戦闘機にテンション上げてる間に、

気が付けば基地に入ってから既に30分以上が経過

今日は朝一番でらぷたんを見るつもりだったのに、

すっかり足止めされてしまっているではないですかっ!!

ぬぬぬ~、これはらぷたんに人が集中しすぎない為の罠だったのか~

   

ええぃ、完璧な作戦にはならんとは!

やるな、ブライト!!

(↑昨日のガンダム気分がまだ抜けてない)

   

   

次回予告

出撃する戦闘機マニア達。

配属される『F-22』とそのパイロット。

まんまとアメリカ空軍&航空自衛隊の撒き餌に引っかかってしまうパパ。

もたもたしている内にどんどん増えてくる人・人・人!

次第に強くなる真夏の容赦ない日差しの中、

果たしてパパは無事らぷたんに会う事ができるのか!?

次回、『らぷたん、飛来 [破] 』。

さぁ~て、この次も~、サービスサービスゥ~!!

   

ブログランキング参加中↓面白かったらポツッとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

|

« 『ガンダム大地に立つ!!』 | トップページ | 『らぷたん、飛来 [破] 』 »

ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ガンダム大地に立つ!!』 | トップページ | 『らぷたん、飛来 [破] 』 »