« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月16日 (日)

『PIXYファミリー会2009 in 神戸 第五話~川床と蛍編~』

清水寺を後にし、車で走る事約40分。

なんだかとっても山奥に入ってきちゃいましたよ~fuji

京都市内からあんまり離れていないのに、

あまりの景色の変わり様にちょっと驚きですconfident

そしてやってきたのがこちら↓

Img_8738_2

Img_8741_2

高雄にある料理旅館、『錦水亭(きんすいてい)』さん。

今日はこちらで会席料理をいただくんですよ~delicious

正直あんまり会席料理って食べた事ないので、

パパとママはちょっぴりドッキドキですheart02sweat01

Img_8743_2

そのまま旅館に入るのかと思いきや、

案内されたのは、旅館の脇にあるちょっち薄暗く涼しげな下り坂。

あれ? ど・・・、どこ行くんですか???coldsweats02

そして私達が辿り着いた先には・・・

   

Img_8745_2

うわ~、なん de スかこれ!?

Img_8748_2

すごいッ!! 屋形船みたいになってる!!!

川の流れが見える場所での食事だなんて、とっても涼しげですな~happy01
(こういうの、川床(かわどこ:鴨川では”ゆか”)って言うんだそうですよ)

事実、山の中に入ってきたと言う事もあるでしょうが、

京都市内(ってここも京都市なんですがsweat01)の暑さが

嘘のようにとっても涼しかったですsnow

Img_8751_2

   

さぁ、いよいよお待ちかね~の

”京都弁”とともにお送りする、お食事の時間ですよ~happy02

ゆっくりしはってくださいね~bleah

Img_8755_2

Img_8757_2

まずは前菜・・・、かな?

蛍烏賊の醤油漬けやとこぶし、じゅんさいと山芋の・・・ってこれなんだっけ?coldsweats01

初めて食べる料理ばかりで、正直あんまり覚えていませんsweat01

葉っぱに包まれてるのは柿の葉寿司だったかな?

蛍烏賊の醤油漬けは肝も入っていたので大人味でしたが、

その他の料理はくせがなく、

会席料理初心者の私達でも美味しく頂く事が出来ましたhappy01

出だしは順調~up

Img_8758_2

続いて出てきたのは、お刺身の盛り合わせ。

ああ~っ!! 『はも』ですよ『はも』!!

高級食材マツタケと一緒に土瓶蒸しに入ったりする、

『美味しんぼ』でしか見た事無いあの『はも』ですよ~lovely

いや~、ついに我々は出会ってしまいました~shine

して、肝心のお味のほうは・・・

淡白だとは聞いていましたが、まさかこれ程とは・・・

淡白ってゆーか・・・、味が無い?coldsweats01

あまりにもさっぱりしすぎてて、美味しいとはあまり思えなかったですsweat01

むぅ、まだ私達に『はも』は早かったかthinksweat01

Img_8762_2

お次は炊き出し。

タコとか茄子とか蒟蒻とかが入っているのですが、

これらはそれぞれ別々に調理するんだそうです。

んで、出す時に一緒に盛り合わせると。

全て一緒に煮てると思ったんですが、

いや~、なかなかどうして、手間がかかってますね~sweat01

タコがとっても柔らかくて美味しかったですdelicious

Img_8765_2

こちらは鮎の塩焼き。

こちらもパパとママははじめての体験。

川魚はどうも苦手でしてcoldsweats01

尻尾以外は食べれると聞いたので頭からかぶりついたのですが・・・、

何故かヒレが上手く噛み砕けなくて、いつまでもモゴモゴしちゃいましたcoldsweats01

あとどうしてもお腹の苦味がきつくて・・・

あゆも私達にはまだ早かったようです(苦笑)

ちなみに、こちらの方では『たで酢』と言うのにつけて食べるのが

一般的だそうでよhappy01

Img_8769_2

お次は天婦羅の盛り合わせ。

ここでまたもや『はも』の登場ですよ~sign03

先ほどの湯引きより、こちらの方が美味しく食べる事ができましたdelicious

天婦羅にする事によって、風味が増したのかもしれませんね。

また、海老の天婦羅がプリップリでむちゃウマでしたup

あっ、そうそう、はもの衣を緑や白やピンク色にする事で、

紫陽花を表現しているんだそうですよ~happy01

なるほど~flair

Img_8771_2

お次は酢の物。

関東の方で酢の物といえば、とにかく酸っぱいってイメージなんですが、

この酢の物は全然酸っぱくなくて、とっても美味しく頂けましたhappy01

Img_8778_2

Img_8780_2

こちらはちりめんじゃこご飯とお味噌汁。

このちりめんじゃこに山椒の実が入っていまして、

とっても香り高くておいしかったですdelicious

Img_8783_2

最後はデザートのマンゴープリンで締めsign01

   

会席料理ってあまり食べた事が無かったので、

正直食べられる物がないんじゃないかと不安だったのですが、

『錦水亭』さんの料理はどれも美味しく食べる事ができましたhappy01

関西風の薄めの味付けが、私達に合っていたのかもしれませんdelicious

   

さてさて、料理の写真の色合いの変化でお気付きの方も多いかもしれませんが、

私達が食事をしている間に、すっかり日が暮れてしまいました。

Img_8789_2

でも実は、これからちょっとしたお楽しみがあるんですよ~happy01

なんとsign01 この時期こちらでは、夕暮れ後『蛍』が見れると言うのですsign03happy02dash

美味しい食事に加えて蛍まで見れるなんて、とっても素敵じゃないですかshine

それでは全ての照明を消灯し、しばし蛍の光を楽しみましょうconfident

Img_8802_2

どうです? 蛍、見えましたか??happy01

ええっ? 真っ暗で見えなかったですって?

やだなぁもう。ちゃんと『蛍』映ってたじゃないですか~camera

じゃあちょっとだけアップにしてみましょうwink

Img_8802_3

ほら、ちゃんと映ってたでしょう、蛍shine

ってまぁ、これじゃホントに蛍かどうか怪しいですよね(笑)

でも正直、コレが限界でした~sweat01

本当に淡~い光ですので、本格的に撮るには三脚でも無いとムリっぽいですcoldsweats01

   

蛍の光を写真に収めるのは無理そうなので、

カメラで撮るのはさっさと諦めて、自分の目に焼き付ける事にしましたconfident

ホント、蛍の光って淡くってやさし~い光ですねぇ・・・lovely

『恋に焦がれて 鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす』

そんな一節を思い出しましたconfident

   

見ていて驚いたのが、何故かみんな光るタイミングが一緒だった事。

沢山の蛍が一斉に光るものですから、本当に綺麗で綺麗で・・・

初夏の夢物語の様な時間を堪能させて頂きましたshine

   

消灯時間も終わり、席に戻って一休みしていると、

何処からともなく、一匹の蛍が私達の席に迷い込んできましたhappy02

こんなチャンスは二度とね~sign01 って勢いで激写した写真がこちら↓sign03

全員、刮目せよっ!!

Img_8804_2

うおおおっ!! スゲえっ!!

これが関西の蛍のパワーなのか!?

源氏蛍パネェ!!!

   

   

ってゆーのは冗談bleah 蛍の光がこんなに強い訳ないですよね(笑)

↑の写真は合成ではありませんが、

ティンカーベルさんのコンデジのAF補助光がたまたま映って

凄く光っているように見えているだけですsmile

で、本当はこんな感じ↓

Img_8806_2

淡く、柔らかい、やさしい光ですね~confident

こんな近くで見れるとは思っていなかったので、

とっても貴重な経験になりました。

ありがとう、蛍さんwinkshine

   

こうして『PIXY ファミリー会 in 神戸(and 京都)』の2日目も終了~。

今日も長い1日だったなぁcoldsweats01

でもでも、楽しい楽しい『ファミリー会』も、いよいよ明日で終了。

ああ~、楽しい時間はホントあっという間ですね~sad

『PIXY ファミリー会 2009』最終日の模様は、次回の記事で~happy01paper

   

ブログランキング参加中↓面白かったらポツッとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2009年8月11日 (火)

『PIXYファミリー会2009 in 神戸 第四話~そうだ、京都へ行こう編~』

真夏の暑い日差しが、肌をジリジリと焦がす今日この頃、

皆さんどうお過ごしでしょうか?

既に夏休みに入られてる方も多い事と存じますが、

”空気をまったく読まない”マイペースな当ブログは、

この真夏の真っ只中に、梅雨入り前の6月の話題をお届けしますよ~happy02dash

それでは『PIXYファミリー会2009 in 神戸』の続きをどうぞ~happy01paper

   

”おいてかないで~”というワンコ達の叫びを華麗にスルーし、

私たちがやってきたのは・・・、西の都『京都』!!

Img_8643_2

”えっ?なんで京都なの???”

”神戸旅行じゃなかったの?”

そんな声があちこちから聞こえてきそうですが、

正直私達もなぜ京都に来たのか・・・、わかりません(笑)

   

『PIXYファミリー会』のシナリオは、『PIXYファミリー』の上層組織

『PIXY賢人会議』によって決められますので、

私達のような下っ端には、シナリオの決定権どころか、

シナリオの全容を知る権利すらないのです。

『ヱヴァ』的に解りやすく言いますと、
(↑この時点で既に一般人には解り難いとの意見も(笑))

『ゼーレ』のシナリオ通りに動く『ネルフ』、みたいなものですね。

とまぁ、なんで京都に来たのかは不明なのですが、

折角京都まで来たので、思いっきり京都を楽しんじゃいましょう~happy02

   

今回私達がやって来たのは、

『清水の舞台から飛び下りるつもりで・・・』で有名な清水寺!!

Img_8647_2_2

と言う訳で、まずは記念にみんなでパチリcamerashine

ベルちゃんパパさんは一足お先に東京に戻らなければならない為、

一人神戸でお留守番中。

今はワンコ達のお世話をしてくれていま~すdog

ベルちゃんパパさん、ありがとうございますconfident

   

さてさて、清水寺と言えば、日本で14個所登録されている世界遺産の一つ、

『古都京都の文化財』に含まれる、れっきとした世界遺産sign03

と言う事は・・・、どんぐりパパ、生まれて初めての世界遺産訪問ですよ~happy02dashdash

むっほ~、こりゃ興奮しますな~upupup

   

といってもどんぐりパパ、実は清水寺は2度目の訪問。

関東南部の中学校の修学旅行の定番と言えば、『京都・奈良』。

どんぐりパパも例に漏れず、中学生時代に一度『京都・奈良』に訪れ、

清水寺にも立ち寄りました。

しかしその時はまだ世界遺産に登録されておらず(1994年12月登録)、

今回の訪問が、『初めての世界遺産訪問』となった訳でありんす。

   

あの『サンピエトロ大聖堂』や『システィーナ礼拝堂』、『コロッセオ』、

『アマルフィ海岸』、『モンサンミシェル』、『ヴェルサイユ宮殿』、

『空中都市マチュ・ピチュ』、『ギアナ高地』、『ナスカの地上絵』

などと肩を並べていると考えると・・・、

こりゃ興奮するなって方が無理ですよっ!!!happy02

ってな訳で、テンションMAXで清水寺にGOup!!

   

んで、早速『清水の舞台』にやってきたのですが・・・

Img_8663_2

あれ?

Img_8671_2_2

むむ?

・・・・・・『清水の舞台』って、実はそんなに高くない?coldsweats01

う~ん、子供の頃はもっと高く見えたんだけどなぁ・・・sweat01

このぐらいだったら飛び下りても、

大怪我ぐらいですみそうな気もしますね。

相当痛いでしょうがcoldsweats01

   

そんな訳でちょっと調べてみましたら、

1694年から1864年の間に、実際に234人もの人が本当に飛び下りたそうですsweat01

生存率は85.4%。

やっぱり思ったよりも生存率が高いですねぇ。

まぁ、ビビリーなパパは、誰に何と言われようと絶対飛びませんけどねsign03sign03

皆さんも絶~っ対マネしないで下さいpaper

   

Img_8679_2

『清水の舞台』の写真と言ったらやっぱりこの角度sign03

絵葉書なんかも大体この構図ですもんね~smile

『PIXYファミリー』のみんなが写った写真が欲しかったので、

一人反対側まで行って撮ったのですが、

当然パパは写っていませんweep

このままだと本当に清水寺に来たのか怪しいので、

ママに頼んで↓の写真をパチリcamerashine

Img_8693_2_2
”ビバッ、京都!!”

   

境内の石段を下りてゆくと、そこに広がっていたのは

新緑が眩しい緑のトンネル!

Img_8703_2

うあ~、綺麗だなぁ・・・

でもコレ、秋の紅葉の時期に来たらもっと綺麗でしょうねぇlovely

次回は是非、秋の京都に来てみたいですなup

Img_8700_2
↑『清水の舞台を下から見上げてみた』の図。

あまり高く見えないのは、木々が邪魔してるせいもあるかもしれませんね。

葉が枯れ落ちた冬なら、もっと高く感じるかもconfident

   

Img_8652_2

今回、十数年ぶりに京都に訪れたのですが、

今になってやっと、その良さが分かってきた気がしますね。

中学生の頃はまったく良さがわからず、

『何でこんなかったるい所に来てんだろう・・・』と思っていました。

あれから十数年、私も少しは成長できたみたいですconfident

『若い頃に行ってからそれっきり・・・』

そんな方がいらっしゃいましたら、是非もう一度京都を訪れてみてください。

きっとあの時は解らなかった良さが、心に染み渡ってきますよ~happy01

   

   

清水寺を後にした私達は、カフェにてちょっぴり小休憩。

Img_8724_2

京都と言えば抹茶! と言う事で、

ママ達は抹茶アイス入りの和風デザートに舌鼓。

抹茶と餡子が苦手で、きな粉が大っ嫌いなパパは、いつも通りコーラを(笑)

Img_8721_2

でもこのコーラがですね、その土地によって使用される水が違う訳でして、

当然このコーラには京都の風味がふんだんに・・・

ってそんな訳無いですね。 

いつもと変わらない、いたって普通のコーラでしたsmile

   

この日は真夏の様な暑さだったので、冷たい物を口にして生き返りましたぁup

京都は暑いとは聞いてましたが、いや~、まさかコレ程とは・・・coldsweats02

本当だったらもう少しゆっくりして涼んでいたかったのですが、

毎度の事ながら『PIXYファミリー会』は予定が立て込んでおりましてcoldsweats01

あと数十分後には次の目的地に向かわなきゃいけないと言う事で、

急いでおみやげの買出しに走りましたsweat01

   

まずは京都と言えばコレは外せないsign01 って事でお漬物をhappy02

Img_8846_2

Img_8847_2

箱一杯に入ったセットで、お漬物てんこ盛りになりましたが、

あまりの美味しさにあっという間になくなってしまいましたdelicious

   

あと京都のお土産の定番と言えば、生八ッ橋ですが・・・

Img_8843_2

ラムネにマンゴーに夏みかん・・・etc、

今はこんなにバリエーションがあるんですよ~happy01

ニッキの味がどうも苦手で普通の生八ッ橋はビミョ~なパパですが、

これらはとっても美味しく頂けましたhappy02

とくにラムネとマンゴーがパパ&ママ的オススメheart04

皆さんも京都にお越しの際には是非good

   

あんまり時間がなくてじっくり物色出来なかったのですが、

それでも色々買えたのでまあまあ満足かな?happy01

さぁ、お次は京都の”食”を満喫しに行きますよ~delicious

初めての体験満載のその模様は・・・、次回の記事で~bleah

Img_8649_2

   

ブログランキング参加中↓面白かったらポツッとお願いワン♪

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »